ニュース
» 2015年01月15日 11時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:2014年 米国特許ランキング、Googleが初のトップ10入り (1/2)

IFI Claims Patent Servicesの発表によると、2014年における米国特許の取得数ランキングで、Googleが初めてトップ10にランクインした。首位はIBM。トップ10内に日本企業は4社が入っている。

[Rick Merritt,EE Times]

 Googleは2014年の米国特許ランキングで、初めてトップ10にランクインした。同社は、2013年から38.6%の大幅増となる2566件の特許を取得し、8位を獲得した。一方、同社の最大のライバルであるAppleは、2013年から12.8%増となる2003件の特許を取得し、11位に浮上した。10位のパナソニックとの差はわずか92件だった。パナソニックは、2年連続で順位を落としている。

 最新データからは、企業間において特許取得の競争が続いていることが見て取れる。

 米国特許庁によると、2014年に認可された特許は30万674件で、2013年から8%増加した。米国のFairview Researchの特許情報部門であるIFI Claims Patent Servicesがまとめたデータによれば、50位までにランクインした企業のほとんどが、前年より多くの特許を取得しているという。ただし、特許取得件数の増加率は、2010年の約30%をピークに減少傾向にあり、2012年は12.8%、2013年は9.7%だった。

IBMは22年連続で首位

 IBMは7534件の特許を取得し、22年連続で首位に輝いた。同社の特許取得数は2012年と2013年は前年比5%増だったが、2014年は10.6%増で2位のSamsung Electronicsとの差を広げた。Samsungは、2013年から5.9%増となる4952件を取得している。

 IBMの広報担当者は、同社の特許取得の中核的存在として、特許管理システム『Worldwide Patent Tracking System』を挙げた。IBMは同システムを独自に開発し、長年にわたって改訂を重ねてきた。同社の世界IP(知的財産)法チームは同システムを活用して、現在および将来の事業に必要な特許ポートフォリオを管理、維持、拡大しているという。

 IBMが2014年に取得したうち、40%に当たる3000件余りの特許はクラウドコンピューティングやアナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティといった話題の分野に関するものだ。同社がこれらの分野で申請した特許件数は、過去5年間で2倍以上に増えている。

 IBMは2014年10月、半導体製造事業をGLOBALFOUNDRIESに譲渡し、3年間にわたり13億米ドルを現金で支払う契約を結んだ。なお、同契約には1万件に上る半導体の特許も含まれている。IBMは半導体事業を譲渡することで、先に述べた分野の技術開発にさらに注力することが可能となった。

2014年米国特許取得件数ランキング(トップ15)
順位 特許取得件数 社名
1 7534 IBM 米国
2 4952 Samsung Electronics 韓国
3 4055 キヤノン 日本
4 3224 ソニー 日本
5 2829 Microsoft 米国
6 2608 東芝 日本
7 2590 Qualcomm 米国
8 2566 Google 米国
9 2122 LG Electronics 韓国
10 2095 パナソニック 日本
11 2003 Apple 米国
12 1860 GE(General Electric) 米国
13 1820 富士通 日本
14 1662 セイコーエプソン 日本
15 1634 リコー 日本
出典:IFI Claims Patent Services
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.