レビュー
» 2015年01月15日 13時00分 UPDATE

製品解剖 スマートフォン:「Nexus 6」を分解 (1/2)

iFixitは、2014年12月に発売されたGoogleのスマートフォン「Nexus 6」の分解を行った。QualcommのSoC「Snapdragon 805」などが搭載されている。

[EE Times Japan]

 2014年12月から販売が始まっているGoogleのスマートフォン「Nexus 6」。OSとしてAndroid 5.0(Lollipop)を搭載し、6インチのディスプレイを備える。32GBモデルと64GBモデルがある。サイズや発表時期がAppleの「iPhone 6 Plus」と近いことから、iPhone 6 Plusの対抗馬としてもよく挙げられるが、Nexus 6は、Google Playストアで品切れ状態が続くなど売れ行きはかなり好調のようだ。

 モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが、Nexus 6の分解を行っている。主要な部分を見てみよう。

メインボード

 まずはメインボードから。搭載されている主な部品は次の通りである。

photo メインボード(クリックで拡大) 出典:iFixit

:SK HynixのLPDDR3 RAM。「H9CKNNNDBTMTAR」と刻印されている。容量は24Gビット(3Gバイト)。RAMの下にはQualcommのSoC「Snapdragon 805」が搭載されている
オレンジ:Qualcommの電源管理IC「PMA8084」
:SanDiskの32GバイトeMMC「SDIN9DW4-32G」
:QualcommのLTEモデム「MDM9625M」
水色:QualcommのRFトランシーバ「WTR1625L」
:QualcommのRFレシーバ「WFR1620」
ピンク:Texas Instruments(TI)のDSP「TMS320C55」

 この他にも、

  • Qualcommの電池管理IC「SMB1359」
  • Qualcommのエンベロープ追跡(ET)機能IC「QFE1100」
  • RFMDのエンベロープ追跡パワーアンプ「RF7389EU」
  • NXP Semiconductorsのオーディオアンプ「TFA9890A」
  • BroadcomのIEEE 802.11ac/Bluetooth 4.1対応通信IC「BCM4356」

などが搭載されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.