ニュース
» 2015年01月22日 10時40分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:TDKと東京工業大学、磁性・磁石技術の先端研究で組織的連携協定を締結

TDKは、東京工業大学と磁性・磁石技術をベースとした先端技術の共同研究を進めていくために、組織的連携協定を結んだ。磁性・磁石技術応用の新たな可能性を追求していく。

[EE Times Japan]

 TDKは2015年1月21日、東京工業大学と磁性・磁石技術をベースとした先端技術の共同研究を進めていくために、組織的連携協定を結んだ、と発表した。

 TDKと東京工業大学は、今回の協定に基づいて、複数の共同研究を実施していく計画である。特に、磁性・磁石に関する技術革新の可能性を追求し、エレクトロニクスをはじめとする産業発展につながる研究成果を目指していく。

 磁性材料「フェライト」は、1930年に東京工業大学の電気化学科に在籍した加藤与五郎博士と武井武博士の研究成果から誕生した電子材料である。このフェライトを事業化するため、1935年12月に設立されたのがTDK(当時は東京電気化学工業)である。

 その後、フェライトは偏向ヨークコアやトランスなど重要な電子部品に応用された。現在では、スマートフォンやタブレット端末から、EV/HEVなどに至るまで幅広く活用されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.