ニュース
» 2015年02月04日 13時00分 UPDATE

LED/発光デバイス:160lm超の高光束を実現したGaN on Si技術による白色LEDを量産

東芝は2015年2月3日、シリコン(Si)ウエハー上に窒化ガリウム(GaN)を結晶成長させる「GaN on Si技術」を用いて、160lm(ルーメン)を超える光束を実現した3.5mm角レンズパッケージの照明用白色LED「TL1L4シリーズ」の量産を開始した。

[EE Times Japan]

「業界トップクラスの光束」

 東芝は2015年2月3日、シリコン(Si)ウエハー上に窒化ガリウム(GaN)を結晶成長させる「GaN on Si技術」を用いて、160lm(ルーメン)を超える光束を実現した3.5mm角レンズパッケージの照明用白色LED「TL1L4シリーズ」の量産を開始した。東芝では、「業界トップクラスの高い光束を実現した」としている。

 量産を開始した白色LEDは、常温動作時に160〜170lmの高光束を実現。常温で160lm/Wの発光効率を達成すると共に、周囲温度85℃での動作電流を1Aまで可能とした。「従来製品『TL1L3シリーズ』と比較して、同85℃で60%以上の光束値の改善を実現している」(東芝)。

tt150204TOSHIBA001.jpg 高効率パワー白色LED「TL1L4シリーズ」

 電気的/光学的特性は、実際の使用を想定した動作条件(順電流350mA、接合部温度85℃)で選別を行い、順電流絶対最大定格は1.5A(周囲温度55℃未満、接合部温度150℃以下)となっている。カラーラインアップとしては2700Kから6500Kまでの全9色をそろえ、LED電球をはじめベースライト、ダウンライト、街路灯、投光器などの用途へ展開する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.