ニュース
» 2015年02月06日 09時00分 UPDATE

市場予測:2015年はウェアラブル市場の分水嶺に (1/2)

ブルームバーグ・インテリジェンス シニアアナリストを務めるジテンドラ・ワラル氏が、今後のスマートフォン・タブレット端末およびウェアラブル機器の市場動向について語った。ウェアラブル機器については「Apple Watch」の発売が今後の市場動向を大きく左右するという。

[陰山遼将,EE Times Japan]

 Bloomberg Intelligence(ブルームバーグ・インテリジェンス)は2015年2月3日、東京都内で同社のアナリストが今後の各産業の注目トピックスを紹介する「ブルームバーグ・インテリジェンス 2015年産業展望セミナー」を開催した。テクノロジー分野に関して、ブルームバーグ・インテリジェンス テクノロジー担当 シニアアナリストを務めるジテンドラ・ワラル氏が、今後のスマートフォン・タブレット端末およびウェアラブルデバイスの市場動向について語った。


存在感を増す“低価格スマホ”、タブレット端末はアイデンティティーの危機

rk_150206_smart01.jpg ブルームバーグ・インテリジェンス テクノロジー担当 シニアアナリストを務めるジテンドラ・ワラル氏

 ワラル氏は2015年の世界市場におけるIT投資が増加する一方で、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器への投資額は減少すると予測した。同氏はその要因の1つとして、Huawei(ファーウェイ、華為技術)、Lenovo(レノボ、聯想)、Xiaomi(シャオミ、小米科技)といった中国メーカーの低価格なスマートフォンがシェアを伸ばしていることにより、市場におけるスマートフォンの単価が下がっている点を挙げた(関連記事:スマートフォン市場を席巻する“Android”と“中国勢”)。

rk_150206_smart02.jpgrk_150206_smart03.jpg 2015年のIT投資はモバイル機器を除いて伸びが加速(左)。モバイル機器のうち、特にタブレット端末は“ファブレット”のシェア拡大により、立ち位置が不安定になっているという(クリックで拡大)出典:Bloomberg Intelligence

 また、ワラル氏は今後数年の世界市場におけるタブレット端末の出荷台数については、ほぼ横ばいになると予測。そして、「現在、タブレット端末はアイデンティティーの危機にある」と指摘した。その理由となるのが、端末の大きさがスマートフォンとタブレット端末の中間に位置する“ファブレット”の存在だ。ファブレットはモバイル機器市場においてシェアを拡大させており、それの影響がタブレット端末の立ち位置を不安定なものにしているという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.