ニュース
» 2015年02月12日 08時00分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:半導体ウエハー年間出荷面積、過去最高を更新

SEMIは、2014年の半導体向けシリコンウエハー出荷面積を発表した。2014年の年間出荷面積は全世界で100億9800万平方インチに達し、過去最高となった。2013年に比べると11%の増加である。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

前年比11%増

 半導体製造装置/材料関連の業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)は2015年2月、2014年の半導体向けシリコンウエハー出荷面積が、前年比11%増加したと発表した。年間出荷面積は全世界で100億9800万平方インチに達し、2010年実績を上回る過去最高の水準となった。販売額は前年比1%増にとどまった。

tt150212SEMI001.jpg SEMIの資料を元に作成 (クリックで拡大)

 SEMIは、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)が2014年末に実施した、シリコンウエハー業界の分析結果を基に、出荷実績をまとめた。これらの数値は、ウエハーメーカーがエンドユーザー(半導体ICメーカーなど)に対して出荷した、バージンテストウエハーを含む鏡面ウエハー、エピウエハー、ノンポリッシュドウエハーを集計したものである。太陽電池用シリコンウエハーは含まれない。

販売額は2007年の63%の水準

 今回発表された2014年の出荷面積は、2013年実績に対して2桁成長となった。さらに、過去最高の出荷面積を記録した2010年の93億7000万平方インチをも上回った。一方、シリコンウエハーの販売額は76億米ドルとなった。2013年の75億米ドルに対して微増である。過去最高の販売額となった2007年に比べると、2014年は37%減となっており、大きな回復までは至っていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.