ニュース
» 2015年02月12日 10時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:TSMCが総額160億米ドルの設備投資を発表――台中拠点を拡張へ (1/2)

TSMCは、台湾国内の既存工場の増強策として、5000億ニュー台湾ドル(約160億米ドル)を追加投資する計画を明らかにした。

[Alan Patterson,EE Times]

 世界最大の半導体ファウンドリであるTSMCは、台湾国内の既存工場の増強策として、5000億ニュー台湾ドル(約160億米ドル)を追加投資する計画を明らかにした。

 同社は、拡張工事の実施時期などについては明かしていないが、今後数年間にわたり、必要とされる生産量に応じて毎年資金を投じていく予定だとしている。

5000人の新規雇用創出へ

 投資予定地は、台中市内にある中部サイエンスパークだ。TSMCによると、同社は現在この地域において3400人超を雇用しているが、新たな投資によって5000人の新規雇用を生み出すという。

tt140212_Fab15outr001_4712_JT6c.jpg 台湾 台中市の中部サイエンスパークにあるTSMCの製造拠点「Fab15」 出典:TSMC

 TSMCの共同最高経営責任者(共同CEO)であるC. C. Wei氏は、発表資料の中で、「TSMCは台中において、安定した基盤を構築している。最先端技術の開発や、売上高の増加、新たなマイルストーンの達成などを実現したり、さらに世界トップクラスのグリーン企業としての地位を確立していく上で、最も重要な拠点だといえる」と述べている。

 TSMCの台中地区での生産量は2014年、2000億ニュー台湾ドル規模に達した。これは、同社生産量全体の28%を占めるという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.