レビュー
» 2015年02月18日 14時30分 UPDATE

製品解剖:Newニンテンドー3DS LLを分解 (1/2)

iFixitは、2014年10月に発売された任天堂の携帯型ゲーム機「Newニンテンドー 3DS LL」の分解を行った。富士通セミコンダクター製FCRAMなどが搭載されている。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 2014年10月11日に任天堂が国内で発売した携帯型ゲーム機「Newニンテンドー 3DS LL」(以下、New 3DS LL)。国内だけでも1600万台以上を売り上げた「ニンテンドー3DS」の新型機種として発売された。従来機種にはなかったNFC機能やmicroSDカードスロットを新たに搭載した。

 海外では、「New Nintendo 3DS XL」との名称で販売されているNew 3DS LLを、モバイル機器の修理マニュアルを提供する米国のiFixitが分解を行い、その様子を公開した。それを元に、New 3DS LLに搭載されている部品を中心に見ていこう。

バッテリー容量は同じ

 まず、New 3DS LLの主な仕様は次の通りだ。

tt1502183DSXL000.jpg 「Newニンテンドー 3DS LL」 出典:任天堂
New 3DS LLの主な仕様
サイズ 縦93.5×横160×厚さ21.5mm(折りたたみ時)
質量 約329g
(バッテリーパック・タッチペン・microSDカードを含む)
上画面 裸眼立体視機能付きワイド液晶
4.88型(横106.2mm×縦63.72mm)
横800ドット×縦240ドット
約1677万色表示可能
下画面 タッチ入力機能付き液晶
4.18型(横84.96mm×縦63.72mm)
横320ドット×縦240ドット
約1677万色表示可能
価格(国内) 1万8800円(税別)
任天堂のニュースリリースより作成

 従来の3DS LLの重量は、336gで7gほど軽くなっている。サイズは従来品93×156×22mmと比べ、わずかながら薄くなっている。なお、バッテリーは、定格3.7V、1750mAh(6.5Wh)のもので、従来と同じだ。

tt1502183DSXL001.jpg 「New Nintendo 3DS XL」(Newニンテンドー 3DS LL)の分解写真 (クリックで拡大) 出典:iFixit
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.