ニュース
» 2015年02月20日 13時00分 UPDATE

プロセッサ/マイコン:グラフィックス表示、ゲージ制御、機能安全を1チップで実現、ルネサスの32ビットマイコン

ルネサス エレクトロニクスが発表した車載用32ビットマイコン「RH850/D1xシリーズ」は、今後普及が見込まれるインスツルメント・クラスタ向けに、ゲージ制御、グラフィックス表示と機能安全を1チップで実現している。

[EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2015年2月20日、カラー液晶搭載のインスツルメント・クラスタ向けに、車載用32ビットマイコン「RH850/D1xシリーズ」7グループ22品種を開発し、サンプル出荷を開始すると発表した。サンプル価格は、「RH850/D1M2H」が1万円。2016年4月から量産を開始し、2018年4月には月産400万個を計画している。

 RH850/D1xシリーズは、ゲージ制御、グラフィックス表示と機能安全を1チップで実現。高品位なカラー液晶表示とシステムコスト削減が可能だという。

BOM/開発コストの低減

photo 「RH850/D1xシリーズ」(クリックで拡大)

 3.5MBのRAMを搭載するとともに、RAMの使用量を低減するルネサス独自のグラフィックス表示エンジンを組み合わせて使うことで、外部DRAMを使わずに高精細な液晶表示機能を実現している。さらに、22品種を展開することでソフトウェアの流用性を高め、ソフトウェアの開発期間の短縮を図れる。

 内蔵されているグラフィックス描画エンジンにより、WVGA(800×480画素)の液晶パネルに描画できる。このグラフィックス描画エンジンはOpenVG1.1に準拠していて、標準APIをサポートするHMI(Human Machine Interface)開発ツールを導入することで、開発期間を短縮できるという。

 加えて、ヘッドアップディスプレイへの表現力と視認性を向上させた。フロントガラスなど曲面を持つディスプレイに合わせて、画像を自動的に任意の形に変形/補正する機能を搭載している。

 さらに、機能安全を実現すべく、システムの誤作動を検出する機能や、ギアポジションなど重要な情報が正常に出力されていることを常に監視し、異常が起きた場合でも安全を確保できる表示機能を搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.