連載
» 2015年02月23日 09時30分 UPDATE

福田昭のデバイス通信(7):ルネサスの最新半導体ソリューション(5)――デュアルコア対応の開発環境とGUIベースのコード生成ツール (1/2)

今回は、開発環境に関するソリューションを紹介する。複数の開発環境を用意しなくてもマルチコア・マイコンのデバッグが行える統合開発環境や、「RL78」マイコンのプログラムをGUIベースで自動生成するツールなどが展示された。

[福田昭,EE Times Japan]

「エコシステム」を構成する開発ツール群

 前回に続き、ルネサス エレクトロニクス(以下は「ルネサス」と呼称)の顧客向け講演会兼展示会「Renesas DevCon JAPAN in Osaka」(以下は「デブコン大阪」と呼称)から、同社の最新ソリューションを紹介する。

 本コラムの第3回で説明したように、デブコン大阪の展示会は以下の6つのカテゴリに分かれていた。

(1)「最新製品情報/ロードマップ」
(2)「エコシステム」
(3)「シティ」
(4)「ホーム」
(5)「オフィス」
(6)「ファクトリー」

 前回までは(1)のカテゴリ「最新製品情報/ロードマップ」に含まれる主な展示物を報告した。今回は、(2)のカテゴリ「エコシステム」に含まれる主な展示物を紹介しよう。

photo カテゴリ「エコシステム」の展示一覧(クリックで拡大)

 カテゴリ「エコシステム」のエリアでは、主に開発環境に関するソリューションが展示されていた。具体的には、サードパーティとルネサスが提供する開発ツールやスターター・キットなどである。

デュアルコア・マイコンの2つのプログラムを並行してデバッグ

 マイコン開発環境のベンダーであるIARシステムズは、ARMマイコンの統合開発環境「IAR Embedded Workbench for ARM」を使用してデュアルコア・マイコンをデバッグする作業を実演していた。リアルタイム制御向けのハイエンドマイコン「RZ/T1」をターゲットとするファームウェア開発である。RZ/T1はデュアルコア・マイコンで、メインCPUコア「Cortex-R4F」とアクセラレータ「R-INエンジン」のCPUコア「Cortex-M3」の2つのARMコアを内蔵する。

 デモンストレーションでは、1台のJTAG ICE(インサーキットエミュレータ)と開発用WindowsノートPC、外付けの液晶モニターで開発環境を構成していた。ノートPCの液晶ディスプレイにCortex-R4Fコアで動くプログラムを表示し、外付けの液晶モニターにCortex-M3コアで動くプログラムを表示していた。複数の開発環境を用意せずとも、マルチコア・マイコンのデバッグ作業を実行できる。

photo デュアルコア・マイコン「RZ/T1」のデバッグ画面例。ノートPCのディスプレイにメインCPUコア「Cortex-R4F」のプログラム、外付けの液晶モニターにアクセラレータ「R-INエンジン」のCPUコア「Cortex-M3」のプログラムを表示していた(クリックで拡大)
photo デュアルコア・マイコン「RZ/T1」をデバッグする実演展示を説明した資料(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.