ニュース
» 2015年02月25日 09時30分 UPDATE

無線通信技術:4.9GHz帯無線LANで、4拠点同時に送受信伝送を可能に

日本電業工作は、4.9GHz帯無線LANで4拠点同時に送受信伝送を可能とする長距離無線LANシステム「FalconWAVE 4.9G-MP」を開発した。4対1のマルチポイントツーポイント伝送において、伝送距離20kmで伝送速度10Mビット/秒を実現した。

[EE Times Japan]

 日本電業工作は2015年2月、4.9GHz帯無線LANで4拠点同時に送受信伝送が可能な長距離無線LANシステム「FalconWAVE 4.9G-MP」を開発した。4対1のマルチポイントツーポイント伝送において、伝送距離20kmで伝送速度10Mビット/秒を実現した。ポイントツーポイント(1対1)では最長30kmで7Mビット/秒の長距離伝送を可能とする。

 FalconWAVE 4.9G-MPは、疑似的に2倍の伝送帯域を確保するMIMO(Multiple Input and Multiple Output)機能を搭載した。アンテナは同社製で利得が19.5dBiと高く、外形が17cm角の製品2個を使用することで、上限公称速度として144.4Mビット/秒(IEEE 802.11n)の伝送が可能となる。また、建物や地形などの影響で発生するマルチパスを位相制御することで、通信に及ぼす影響を軽減し、電波の有効利用を可能とした。

tm_150225nihondengyo01.jpg FalconWAVE 4.9G-MPの概要とマルチポイントツーポイント構成イメージ図 出典:日本電業工作

 FalconWAVE 4.9G-MP本体は、外部にヒートシンクを施しており、発熱による通信への影響を受けにくい構造となっている。また、屋外や高温環境での通信も安定した動作を実現できる設計とした。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.