連載
» 2015年03月09日 13時30分 UPDATE

福田昭のデバイス通信(9):ルネサスの最新半導体ソリューション(7)――低消費のマイコンと通信が創るパーソナル・ヘルスケア (1/2)

「Renesas DevCon JAPAN in Osaka」では、「ホーム(家庭)」に関する展示として、ヘルスケア通信規格「Continua(コンティニュア)」に準拠したシステムや、ペットや家族の健康状態をモニタリングするサービスなどが紹介された。

[福田昭,EE Times Japan]

ヘルスケアとモーター制御のソリューションに注目

 前回に続き、ルネサス エレクトロニクス(以下は「ルネサス」と呼称)の顧客向け講演会兼展示会「Renesas DevCon JAPAN in Osaka」(以下は「デブコン大阪」と呼称)から、同社の最新ソリューションを紹介する。既に説明したように、デブコン大阪の展示会場は以下の6つのカテゴリで構成されていた。

(1)「最新製品情報/ロードマップ」
(2)「エコシステム」
(3)「シティ」
(4)「ホーム」
(5)「オフィス」
(6)「ファクトリー」

 前回までで、(1)の「最新製品情報/ロードマップ」から(3)の「シティ」までの主な展示をレポートした。今回は(4)の「ホーム(家庭)」に関する主な展示を紹介する。このカテゴリで目立っていたのは、ヘルスケアに関するソリューションと、モーター制御に関するソリューションである。

photo 「ホーム(家庭)」に関する展示内容の一覧(クリックで拡大)

ヘルスケア通信規格「Continua(コンティニュア)」に準拠

 ヘルスケアに関するソリューションでは、ヘルスケア機器とPCやスマートフォンなどを無線で接続する通信規格「Continua(コンティニュア)」に準拠したシステムの展示が注目を集めていた。生体のさまざまな情報(脈拍数、体温、血糖値、血圧、血中酸素濃度など)をセンシングし、デジタル値に変換してホストマシンに無線で送信する。このような端末を、ルネサスのマイコンと、回路情報をソフトウェアで設定可能なアナログ回路技術「Smart Analog」で具体化する。

 展示ブースでは、生体情報をセンシングする腕バンド型の端末(試作品)から、ノートPCに生体情報をリアルタイムで送信してノートパソコンのディスプレイで表示してみせていた。

photo 腕バンド型の生体情報センシング端末(試作品)(クリックで拡大)
photo 脈拍の信号波形や脈拍数などをノートパソコンのディスプレイに表示(クリックで拡大)
photo 通信規格「Continua(コンティニュア)」に準拠したソリューションの説明資料(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.