ニュース
» 2015年03月11日 17時55分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ロームがマレーシア工場に新棟を建設、ダイオードの生産能力は月産16億個に

ロームは、マレーシアの製造子会社であるローム・ワコー・エレクトロニクス・マレーシア(ROHM-WAKO ELECTRONICS(MALAYSIA)に、ダイオードの生産工場を新設する。完成は2016年8月。新棟の生産能力は、フル稼働時で月産16億個になるという。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ロームは2015年3月11日、マレーシアの製造子会社であるローム・ワコー・エレクトロニクス・マレーシア(ROHM-WAKO ELECTRONICS(MALAYSIA)、以下RWEM)にダイオードを製造する新棟を建設すると発表した。ダイオードの需要拡大に対応するためだ。

 新棟は地上3階建てで、建築面積は1万2750m2、延べ床面積は3万8250m2。現在、詳細設計を進めている段階で、2015年7月より着工、2016年8月に完成する予定だ。

 ロームによると、現在、RWEMにおけるダイオードの生産量は月産7億個強。新棟の建設により、月産16億個(フル稼働時)と、生産能力が2倍以上になる見込みだ。

 ロームは2014年11月、タイの生産子会社であるROHM Integrated Systems(Thailand)において、LSIの後工程製造を行う新棟を建設すると発表している(関連記事)。これに続いてRWEMでも新棟を建設し、ディスクリート部品の需要拡大に備える。

photo RWEMの新棟完成イメージ 出典:ローム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.