レビュー
» 2015年03月13日 16時00分 UPDATE

製品解剖:「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデルを分解 (1/2)

Appleの「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデル。Thunderbolt 2を搭載し、SSDも高速になったといわれている。発売されたばかりの同モデルを、iFixitが分解した。

[EE Times Japan]

 Appleは2015年3月9日(米国時間)、新製品発表会「Spring Forward」で発表された「MacBook Air(Early 2015)」。既存のMacBookシリーズをアップデートしたものだ。「OS X Yosemite」を搭載し、CPUにIntelの「Core i5」(動作周波数1.6GHz)、GPUにIntelの「HD Graphics 6000」を内蔵した。SSDは256GBで、その性能も改善したといわれている。インタフェースにはThunderbolt 2を採用した。

 モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが分解を行っているので、メモリやメインボードなどを見ていこう。

photo 「MacBook Air(Early 2015)」(新しい13インチMacBook Air) 出典:Apple

 まずは、メモリから。

photo メモリボード(クリックで拡大) 出典:iFixit
  • :Samsung ElectronicsのPCIe 3.0 x4対応のフラッシュコントローラ。「S4LN058A01」の刻印がある
  • オレンジ:Samsungの512MB LPDDR3 DRAM「K4E4E324ED」
  • 黄色:SamsungのNAND型フラッシュメモリ(16GB)を8個搭載している(計128GB)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.