ニュース
» 2015年03月17日 07時00分 UPDATE

センシング技術:MEMSセンサーがバッティング練習を劇的に変える!?――ミズノがバットスイングを数値化するシステムを開発 (1/2)

ミズノは、セイコーエプソンのセンサーを用いてバットスイングを解析するシステム「スイングトレーサー」を開発し、2015年5月9日から発売すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ミズノは2015年3月16日、バットのグリップエンドにセンサーを取り付けてスイングすることでスイング時間など8つのデータを計測し、バットスイングを解析するシステム「スイングトレーサー」を開発し、同年5月9日から発売すると発表した。

 なお、バットに取り付けるセンサーは、セイコーエプソン(以下、エプソン)製で、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)センサー技術を応用し実現した。


tt150317MIZUNO001.jpgtt150317MIZUNO002.jpg 左=バットスイング解析システム「スイングトレーサー」。左上がセンサーユニット / センサーユニットをグリップエンドに取り付けたバット (クリックで拡大) 出典:ミズノ

 野球用品などを手掛けるミズノによると、野球のバットスイングはこれまで、数値データ化するなど科学的に解析することが難しかったという。その理由として、1秒未満のわずかなスイング時間の間に、130km/hを超えるようなヘッド(=バットの先端)スピードなどを取得することが困難だったことを挙げる。

 その中でミズノは、エプソンのセンサー技術に着目。「エプソンのセンサーを用いることで、バットスイングに必要なデータを高精度に取得する解析システムが実現できた」(ミズノ)という。

ゴルフ用センサーを野球用に改良

 エプソンは2014年4月に、ゴルフクラブにセンサーを取り付けて、ゴルフスイングの各種数値データを取得、解析するシステム「M-Tracer For Golf」(MT500G)を製品化(関連記事:「より遠くに、正確に」、エプソンがゴルフスイング解析システム)。今回の野球のバットスイング解析用センサーユニットは、ゴルフ向けに開発したセンサーユニットを改良することで実現したという。

 センサーユニット内部には、ゴルフ向け同様、MEMS技術を用いた3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサーと計6軸のモーションセンサーを内蔵。静止状態からスイングが始まるゴルフと異なり、野球のバットスイングは、動きの中でスイングが始まるなどの違いがあり、そうした違いに対応するための新たな技術を盛り込んだ」(エプソン)という。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.