ニュース
» 2015年03月20日 13時00分 UPDATE

無線通信技術:MWC 2015で展示の新型プラットフォームや道路状況管理技術などを披露

Ericsson(エリクソン)は、拡張性や経済性に優れたクラウドシステム向けプラットフォームや、走行中の車両と道路状況の情報を共有して、交通安全の向上や渋滞緩和を目指すクラウドシステムなどを「Mobile World Congress(MWC)2015」でデモ展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 エリクソン・ジャパンは、2015年3月19日に開催した記者説明会で、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress(MWC)2015」(2015年3月2〜5日)におけるEricssonブースでの注目技術/製品について紹介した。

 Ericssonは、「WE ENABLE CHANGE-MAKERS」を2015年のテーマとして掲げ、4つの分野で新技術/新製品を中心に提案を行った。その分野とは、オペレータが収益性を確保できるように革新的なサービスを提供する「GROW」、新しい仕組みで事業の拡大を支援する「DRIVE」、ネットワークの性能を最適化する「PERFORM」、そしてICTを活用して新たな機会を創出する「EXPLORE」の4つである。

 会場では4つの分野に対して、11件の新規製品/サービスを発表しデモ展示を行った。「Ericsson Radio System」、「Hyperscale Cloud」、「Router 6000 series」、「Expert Analytics 15.0」、「Networks Software 15B」、「App Experience Optimization」、「Connected Traffic Cloud」、「Media Delivery Network」、「Digital Telco Transformation」、「Maritime ICT Cloud」、そして「LTE LAA(License Assisted Access)」である。この中から、いくつかの概要を紹介する。

自動者、船舶などに向けた先端クラウドシステム

tm_150319ericsson01.jpg エリクソン・ジャパンのCTO(最高技術責任者)を務める藤岡雅宣氏

 Hyperscale Cloudは、Intelのラックスケールアーキテクチャを用いたハードウェアシステム。エリクソン・ジャパンのCTO(最高技術責任者)を務める藤岡雅宣氏は、「コンピュータ、ストレージ、ネットワークなどの装置が個別に提供されるため、用途に合わせて最新のハードウェアを組み合わせることができる。このため拡張性や経済性に優れている」と、その特長を説明する。まずは自社のデータセンターに設置し、2016年には外販を始める予定だという。

 Connected Traffic Cloudは、道路を走行している車両から吸い上げられた危険度の高い情報(事故、急ブレーキ、スリップなど)を交通センターで管理し、そのエリアにいる他の車両に危険を回避するための情報をフィードバックするネットワークシステムである。

 このシステムには、ジオメッセージングと呼ばれる仕組みが用いられている。地面を任意の大きさのタイル(1辺が500m〜2km)に分割し、GPSなどと連携して車両の位置や移動方向などを特定する。センター側では、どのタイルに車両がいるかを常に把握しているため、危険度の高いエリア(タイル)にいる後続の車両に対して、その情報を知らせることができるというわけだ。

 藤岡氏は、「システムとしては2007年ごろから開発を手掛けているが、まだ製品レベルではなく構想段階にある。ドイツのCONVERGEプロジェクトで、2015年6月よりシステムの評価試験が行われる予定である」と話す。

 Maritime ICT Cloudは、車両向けクラウドシステムの基本的な考え方を、船舶に応用したシステムである。船舶の乗客/乗組員に対するサービスや積荷も含めた安全性の向上、航行ルートを含めた燃費効率の改善などを考慮したソリューションとなる。

LTE LAA

 LTE LAAも注目テーマの1つである。免許を必要とする周波数帯域と2.4GHz/5GHzなど無線LANで使われている免許不要な周波数帯域を組み合わせて、高速大容量通信を可能とする技術である。会場では実際のデモも行われ、QualcommのLAA対応端末とWi-Fiモデムが共存できることが示されたという。藤岡氏は、「米国ではLTEとWi-Fiの共存についての法的制約がなく、2015年4Q(10月)以降にトライアルベースの製品を提供していく。日本市場では、データを送信するバースト長が4msなどの法的制限もあり、すぐに対応することはできないが、課題解決に向けて総務省などと協議を行っていく」と語った。

 また、藤岡氏はMWC2015会場における全体的なトレンドも紹介した。NFV(Network Functions Virtualization)は、従来のトライアル的な紹介から、より具体的な技術展示となり、現実的になってきた。LTE-Advancedはキャリアアグリゲーションから、LWA(LTE WiFi Aggregation)など次の段階に進んできた。IoTとウェアラブル機器については、VRヘッドセットやスマートウォッチなどの具体的な製品が登場するとともに、これまでより多くのブースで自動車が展示され、コネクテッドビークルのデモが行われた。5G関連はIoTと組み合わせた応用システムの訴求が目立っていた、などと総括した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.