ニュース
» 2015年04月03日 13時00分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:IoT参入の中小企業を後押し、欧州が920万ユーロを投入

モノのインターネット(IoT)分野への参入を図る中小企業を後押しする取り組みが、欧州で立ち上がった。IoT関連の技術を入手しやすくすることが、最初の大きな目標だ。欧州は、地域全体でIoT分野での存在感を高めようとしている。

[Rick Merritt,EE Times]

 欧州は、モノのインターネット(IoT)がエレクトロニクス業界を作り変えているという確信の下に、新たなプログラムを通じてIoT分野での存在感を強めようとしている。

 欧州委員会(EC)による2500万ユーロ(約32億円)規模のプロジェクト「Smart-Anything-Everywhere」の一環として、EuroCPSが立ち上がった。EuroCPSは、3カ年構想で行われる予算規模920万ユーロ(約12億円)のプログラムの中で、主に中小企業がIoTというトレンドに乗れるよう後押ししていく。

 研究機関「CEA-Leti」のプロジェクトマネジャーで、EuroCPSを率いるOlivier Thomas氏は「現在のエレクトロニクス業界は、微細化技術ではなく、ウェアラブル端末などのアプリケーションによって発展するようになってきている」と話す。

photo 画像はイメージです

 Thomas氏は、今日のIoT設計において「まず、技術にアクセスできるかどうかが、第1の課題だ。中小メーカーや新規メーカーなど、大量生産を必要としない場合、技術にアクセスすることは難しい。メーカーは、年間100万個を購入してくれる相手を取引したがる。1万個では、はなも引っ掛けない状態だ」と述べている。

 今回のプログラムには、欧州委員会(EC)加盟国の出身者なら、誰でも応募できる。Thomas氏は「プログラムの目標は、IoTというトレンドを利用して、半導体や電子部品の生産量を増やすことと、欧州の競争力を高めることである」と述べる。

 EuroCPSでは、ソフトウェア、システム、エレクトロニクス業界間でネットワークを形成することを目指していて、IntelやSTMicroelectronicsなどが、各社の技術を提供してこの取り組みをサポートする。具体的には、

  • Thales(航空電子基板)
  • Schneider(接続キット)
  • STMicroelectronics(マイコン「STM32F」や、それに関連したソフトウェアなど)
  • Infineon Technologies(電源管理IC)
  • Intel(「Quark」を搭載した開発ボード「Galileo」)

などだ。

 米国のスマートシティ構想など、EuroCPSと同様のプログラムは世界各地で始まっていて、IoT時代の到来をさらに加速させている。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.