ニュース
» 2015年04月14日 15時00分 UPDATE

次世代デモ活動の形?:ホログラムを使った仮想デモ行進、世界中から2000人が“参加”

医療やエンターテインメント分野で活用されているホログラムに、新たな応用分野が登場した。スペイン・マドリードで、新法案に反対する人々が、ホログラムを使った“仮想的な”抗議デモを実施したのだ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ホログラフィ技術が、さまざまな分野で応用され始めている。例えば、イスラエルのRealView Imagingは、医師が手のひらに臓器のホログラフィ画像を乗せ、自由に動かしたり触ったりできる技術を開発した。また、NTTは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ホログラフィ技術などを活用して、まるで競技場にいるかのような高い臨場感を味わえるプロジェクションマッピング技術「イマーシブテレプレゼンス技術 Kirari!」の開発を進めている*)

*)関連記事1:手に乗せた“バーチャル心臓”が鼓動する! ホログラムを医療現場へ
関連記事2:競技場を丸ごと3Dで配信!? 圧倒的な臨場感を実現する映像伝送技術【動画あり】

ホログラムでデモ行進

 そして今回、新たな“応用分野”がスペイン・マドリードで披露された。

 2015年7月に施行される予定の法案「Citizen Safety Law(市民安全法)」に異議を唱える人々が、自ら“ホログラム”となってデモ行進を行ったのだ。米CNN欧州のeuronewsなど、複数のメディアが報道している。

photo

 CNNによると、同法案はさまざまな抗議活動を禁止するもので、例えば国会の前で抗議活動を行った場合、最大で3万ユーロ(約380万円)の罰金が科せられる可能性があるという。

 抗議デモを主催した団体は、2000人におよぶ世界中の参加者から送られたスキャンデータを基にデモ行進の映像を作成。プロジェクタを使って、国会議事堂の前に投影したという。その場にいなくても、デモ行進に参加できるということだ。主催団体は、「ホログラムを使った仮想的な抗議デモは世界初だ」と主張している。

 仮想のデモ行進は2015年4月10日(現地時間)の夜、約1時間にわたって行われた。CNNは、「誰も逮捕されなかった」と、ニュースを締めくくっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.