ニュース
» 2015年04月24日 12時30分 UPDATE

MEDTEC Japan 2015:小型、ケーブルレスで超音波エコーをぐっと手軽に、測定画像のクラウド保存も可能

ソシオネクストは「MEDTEC Japan 2015」で超小型モバイル超音波測定機器「view phii」(ビューフィー)を展示した。病院でしか行えなかった超音波エコーの画像検査が、「片手で、手軽に」行えるようになる。まずはジムやエステなどの現場で、将来的には医療現場での展開を目指す。

[松永愛美,EE Times Japan]

 ソシオネクストは、医療機器設計/製造の総合展示会「MEDTEC Japan 2015」(2015年4月22〜24日)において、超小型モバイル超音波測定機器「view phii」(ビューフィー)を展示した。

 小型でケーブルレスなビューフィーで、病院でしかできない超音波エコー測定がいつでも、どこでも行えるようになる。測定画像は無線通信でタブレット端末などに送信される。専用のアプリをダウンロードすれば、Android端末で利用することができ、ゆくゆくはiOSにも対応する予定となっている。また、測定画像はクラウド上に保存することができる。体の気になる部分の筋肉量や脂肪量などを定期的に測定し、エコー画像を時系列で並べて観察することで、日々のジムやエステ通いの効果がより実感しやすくなるかもしれない。

photophoto 片手で持てる超小型モバイル超音波測定機器「view phii(ビューフィー)」。先端部分にジェルをつけ、体に当てて測定する(クリックで拡大)

 ソシオネクストは2015年3月に富士通とパナソニックが両社のシステムLSI事業を統合し、新たに発足させた会社だ*)。ソシオネクストとしての歴史はまだ浅いが、ビューフィーには富士通とパナソニックが長年培ってきたLSI技術や、画像処理・ノイズ処理技術が詰め込まれている。

*)関連記事:新会社“ソシオネクスト”発足――富士通とパナのLSI事業統合が完了

 ビューフィーの測定精度は、現在医療の現場で使われている安価なものとほぼ同じ。ソシオネクスト担当者は「ゆくゆくは医療現場でも展開していきたい。超音波エコー測定を、聴診器で心臓の音を聞くように手軽なチェックツールとして利用してもらいたい」と話している。また「体内を超音波エコーで可視化し画像でチェックする、という新しい文化を養成して市場を広げたい」とも語り、まずはヘルスケア市場での展開を進めるためになるべく早い発売を目指している。

photo タブレット端末に表示された測定画面。オレンジ色の部分が脂肪量で、赤い部分が筋肉量。(クリックで拡大)

MEDTEC Japan 2015 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

超音波 | MEDTEC Japan | 医療 | ソシオネクスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.