ニュース
» 2015年04月27日 12時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:5Gを実現して活用する――NECの2020年ネットワークビジョン (1/3)

NECは、2020年ごろのネットワークに対するビジョン「Network 2020」を策定し、同ビジョンに沿った技術/サービスの開発を進めていく方針。同ビジョンには、5G(第5世代移動通信)サービスの実用化を盛り込み、5G実現に向けた技術開発を進めるとしている。

[竹本達哉,EE Times Japan]

100倍以上の伝送速度、1000倍以上の通信容量

 今、日本国内では、東京オリンピックが開催される2020年を目標にした、さまざまな技術/サービスの開発が活発化している。その1つが、第5世代移動通信、いわゆる「5G」だ。

 5Gは、4GであるLTEに比べ、100倍以上の伝送速度、1000倍以上の通信容量を実現する次世代の移動通信とされ、世界各地でそうした要件を満たすべく技術開発が進められている。ただ、現行の4Gをはるかに上回る機能/性能の実装を目指しているが故に、技術的課題は多く、仕様条件をまとめた標準化さえ、決定していない。5G実現までには、まだまだ時間を要することが予想される。

 その中で、日本国内では、海外から多くの人が訪れることなどからモバイル通信量も格段に増えると見込まれる2020年の東京オリンピック開催時に、5Gの商用サービスをどうにか間に合わせようと、国内通信事業者/通信機器メーカー各社は、5G関連の技術開発を急ピッチで進めている。その1社がNECだ。

「Network 2020」

 ICT技術をコアに通信インフラなどの社会インフラ向け事業を強化するNECでは、「Network 2020」と題し、2020年に目指すネットワークのビジョンを策定し、同ビジョンに沿った技術/事業開発を進めていく方針で、このほど同ビジョンに関して説明を実施した。

 Network 2020の根幹を成すのは、5Gだ。2020年の社会ニーズを想定した場合に、現状の4Gでは、さまざまな面から性能/機能が不足すると予想されるためだ。

tt150427NEC5G_001.jpg 次世代ネットワークに対するNECのビジョンのイメージ (クリックで拡大) 出典:NEC
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.