ニュース
» 2015年04月30日 13時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:少量生産でもLSI開発コストが回収できる2つの製品/サービス――東芝情報システム

東芝情報システムはTECHNO-FRONTIER 2015(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)で、産業機器分野など生産数量の少ないアプリケーションに向けた2つの半導体デバイス関連製品/サービスを出品する。

[EE Times Japan]

 2015年5月20〜22日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2015」(テクノフロンティア/会場:千葉・幕張メッセ)が開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営するモノづくり/エレクトロニクス関連メディア「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」では、TECHNO-FRONTIER 2015の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを紹介する。

 今回紹介するのは、産業機器分野など少量生産用途向けに独自のLSI製品/サービスを提供する東芝情報システムだ。

>>3メディア合同「TECHNO-FRONTIER 2015特集」


少量生産用途でも開発コストが回収できる2つのLSI製品/サービス

 東芝情報システムは、TECHNO-FRONTIER 2015で、産業機器分野など生産数量の少ないアプリケーションに向けた2つの半導体デバイス関連製品/サービスを紹介する。1つは、アナログ版FPGAともいえるプログラマブル・アナログデバイス「analogram」。もう1つは、EOL(End of Life/製造終了)となったカスタムLSIを再生、継続供給する「ディスコンLSI再生サービス」だ。

プログラマブル・アナログデバイス「analogram」

 analogramは、あらかじめデバイス(LSI)に内蔵されたアナログコアをユーザー自身が専用ツールで切り替えることにより、所望のアナログLSIを開発することができる製品だ。「イメージとしては、アナログのFPGAに近いもの」(東芝情報システム)とする。

tt150430TJS001.jpg プログラマブル・アナログデバイス「analogram」のイメージ 出典:東芝情報システム

 ユーザーはPCベース専用ツールから、基板上に実装したanalogramのコアを自由に切り替え、カスタムアナログLSIを開発できる。「基板上に散らばったディスクリート部品を、analogramに集積することが可能になるので、低消費電力化、コストダウンに寄与する」(同社)。なお、analogramには、機能別に「アナログ信号処理用タイプ」「パワーMOS駆動用タイプ」「汎用タイプ」と3種類がある。「産業機器には多くのセンサーなどが使われるが、生産数量が少ないために、専用のLSIを開発するには開発コスト回収のモデルが成り立たず、多くのLSIメーカーは受注を見送ることも多いのが現状だ。そうした少量生産の用途でも活用可能なanalogramのようなLSIデバイスをこれからも供給していく」(同社)。

データがなくても、現品から再生可能「ディスコンLSI再生サービス」

 ディスコンLSI再生サービスは、EOLとなった、またはEOLが予定されるLSIを、別の製造プロセスで再開発し、継続して供給を行うサービスだ。製造は、主に製造コストの安価な海外の半導体工場を使用。初期の開発費は再度必要になるが、「多くの場合、LSIの単価は安くなるので、初期開発費の回収は早くでき、全体としてはコストダウンに貢献する」(同社)という。

tt150430TJS002.jpg 「ディスコンLSI再生サービス」でのLSI開発の流れ 出典:東芝情報システム

 独自のサービスとして、再生するLSIの製造に必要なデータがすべてそろっていない場合には、現物のLSIから回路を起こし直すサービス「LSI解析サービス」も提供している。同社では「EOLとなるLSIは数十年前に開発されたものも多く、データが散在、もしくは最新のデータが所在不明の場合が多い。そのため、LSI解析サービスはとても好評だ」としている。

TECHNO-FRONTIER 2015

会期 2015年5月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜18:00
会場 幕張メッセ(千葉市)
キーサイト・テクノロジー ブースNo.:5D-222


TECHNO-FRONTIER 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.