ニュース
» 2015年05月01日 07時00分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:2015年1〜3月のスマホ世界シェア、サムスンが“好調Apple”を引き離す

IDCは2015年第1四半期(1〜3月)におけるスマートフォンの世界出荷台数を発表した。Samsung Electronicsが、Appleを2000万台以上引き離す8240万台を出荷しシェアを戻したものの、前年同期比ベースで出荷数は減少。逆に、Appleはシェアこそ落としたものの前年同期比4割増の出荷を記録し、好調だった。

[竹本達哉,EE Times Japan]

Appleは前年同期比4割増で好調維持

 米国の市場調査会社IDCは2015年4月29日(米国時間)、2015年第1四半期(1〜3月)におけるスマートフォンの出荷台数をまとめたリポートを発表した。それによると、Samsung Electronics(サムスン電子)が、Apple(アップル)を2000万台以上引き離す8240万台を出荷し、シェア24.5%を記録した。

 世界スマートフォン市場におけるSamsungのシェアは、従来シェア30%台を誇ってきたが、2014年4〜6月期に急減し、20%台へと転落。2014年10〜12月には、iPhone6/同6 Plusを発売したAppleと出荷台数で60万台差に迫られていた*)

*)関連記事:Appleが首位サムスンに肉薄――2014年10〜12月スマホ世界シェア

2015年第1四半期(1〜3月)におけるスマートフォンの出荷台数
メーカー名 2015年1〜3月
出荷台数
2015年1〜3月
シェア
2014年1〜3月
出荷台数
2014年1〜3月
シェア
前年同期比
増減率
Samsung Electronics 8240 24.5% 8850 30.70% ▼7.00%
Apple 6120 18.2% 4370 15.2% 40.0%
Lenovo 1880 5.6% 1260 4.4% 49.2%
Huawei 1700 5.0% 1350 4.7% 25.9%
LG Electronics 1540 4.6% 1230 4.3% 25.3%
その他 14170 42.1% 11780 40.8% 20.3%
合計 33650 100.0% 28850 100.0% 16.7%
出荷台数の単位は万台 (IDCの資料から作成)

 今回、IDCが発表したリポートによると、Samsungの出荷台数は、前四半期よりも730万台増えて、8240万台となった。Samsungは2015年3月に、フラッグシップの「Galaxy S6」「同S6 edge」を投入しているが、四半期末の発売であり、出荷台数の増加要因は、「新興国向けのミドルレンジ/低価格機での出荷増によるもの」(IDC)と分析している。

サムスンは、まだまだ苦戦?

 一方、シェア2位のAppleは、前四半期比1330万台減の6120万台の出荷でシェア18.2%となり、首位サムスンとの差は広がった格好だ。ただ、中国市場などで堅調に出荷数を伸ばしており、前年同期比では、40%増と高い成長率で出荷台数を伸ばした。Appleとしては好調を維持しているといえる。

 逆に、Samsungの出荷台数は、前年同期比ベースでは、7%減。シェア上位5社では唯一、マイナス成長となっていて、苦戦傾向は続いている。

Xiaomiが6位以下に

 3位以下では、2014年10月末にMotorola Mobilityを買収したLenovo(レノボ)が3位を維持。以下、Huawei、LG Electronicsが続き、前四半期は5位だったXiaomi(シャオミ)は6位以下となった模様だ。

tt150501IDC001.jpg スマートフォンメーカートップ5社の四半期ごとの出荷台数推移 (クリックで拡大) 出典:IDC

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.