ニュース
» 2015年05月21日 11時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:XiaomiがLeadcoreと提携、プロセッサの自社開発で差異化図る (1/2)

中国のスマートフォン市場で勢いを増しているXiaomi(シャオミ)が、プロセッサを自社で開発し、スマートフォンの差異化を図ろうとしている。そのため同社は、中国のLSIチップメーカーであるLeadcore Technologyと提携して、とりわけ特許ポートフォリオの強化に努めたい考えだ。

[Junko Yoshida,EE Times]

 中国スマートフォン市場のシェアランキングトップ5社のうち、AppleとHuawei、Samsung Electronicsの3社は既に、自社製のプロセッサを搭載するスマートフォンを設計している。Xiaomiも、垂直統合型メーカーを目指す時が来たようだ。避けては進めないだろう。

 中国のLSIチップメーカーであるLeadcore Technologyの幹部は、EE Timesに対して、「Xiaomiは、同社独自のカスタム設計プロセッサを開発して、自社製品の差別化を図ることで、さらなる高みを目指したい考えだ」と語った。

自社の設計強化よりも、提携を選択

 Xiaomiは、社内の半導体設計チームを強化することよりも、Leadcoreと組むことを選んだ。Leadcoreは、中国のDatang Telecom Technology and Industry Groupが全額出資するファブレス半導体企業で、今後はパートナー企業としてXiaomiに技術を提供する。

 Leadcoreのバイスプレジデントを務めるMarshal Cheng氏は、中国の東莞市(ドングァン)で2015年5月15日に開催された「China IC Innovation Summit」に集まった中国の企業との個別面談で、「当社は、製品、技術、特許の3つの異なる基準において、中国で最も成長の速いスマートフォン企業と提携している」と説明していた。

 Xiaomiは2014年、6112万台のスマートフォンを出荷したという。Cheng氏は、「この数字と差別化の必要性から考えて、Xiaomiの戦略変更は“避けられない”ものだ」と述べる。

 Cheng氏は、「Xiaomiの現在の体制では、サプライチェーンが一瞬でも止まると、製品の発売に影響が及ぶ可能性がある」と指摘する。また、「他社製品との差別化を図るには、Qualcommの『Snapdragon』やMediaTekの製品に依存し続けるべきではない。これらのデバイスはどの製品にも使われているからだ」とも述べている。

順位 メーカー 出荷台数 中国でのシェア
1 Apple 1450万 14.7%
2 Xiaomi 1350万 13.7%
3 Huawei 1120万 11.4%
4 Samsung Electronics 960万 9.7%
5 Lenovo 820万 8.3%
その他 4170万 42.2%
合計 9880万 100%
2015年第1四半期における、中国スマートフォン市場のシェアランキング 出典:IDC
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.