ニュース
» 2015年05月22日 10時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2015:Intelと連携し、DTC+SVM方式のモータードライバを提案

オン・セミコンダクターは、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、「GaN FETソリューション」や「DTC(Direct Torque Control)+SVM(Space Vector Modulation)方式によるモータードライバの提案」などを行った。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 オン・セミコンダクターは、2015年5月20〜22日に千葉・幕張メッセで開催されている「TECHNO-FRONTIER 2015」において、「GaN FETソリューション」や「ACアダプタ向けUSB PD Type Cソリューション」、「DTC(Direct Torque Control)+SVM(Space Vector Modulation)方式によるモータードライバの提案」などを行った。

 GaN FETソリューションでは、Transphormと共同開発した耐圧600VのGaN(窒化ガリウム)FETと、この素子を搭載した評価基板を展示した。従来のシリコンMOSFETを搭載した基板に比べて、GaN FETを搭載した電源モジュールは電力変換効率が2〜3%改善される。このため、放熱用のヒートシンクを取り除くことが可能となり、基板面積を約25%も小さくできる。「GaN FETは既に量産供給体制を整えた。大型テレビやサーバ、テレコム装置など、200〜300WクラスのACアダプタ用途に提案していく」(説明員)と話す。

tm_150522onsemi01.jpg GaN FET(手前)と、この素子を搭載した評価基板

 DTC+SVM方式によるモータードライバの提案も来場者の注目を集めていた。Intelと連携して、2015年2月より提案活動を始めたばかりである。今回は、DTC+SVM方式の採用例としてインバータモータードライバと、ブラシレスDCモータードライバを提案した。ACモーターの制御方式としてはFOC(Field Oriented Control)と呼ばれるベクトル制御方式が広く普及しているが、DTC方式も多くの特長を備えているという。

 同社によれば、DTC+SVM方式のモーター制御はFOC方式と比べて、モーターの種類やシステム構成にとらわれることなくマルチに対応可能、低速時や高トルク駆動時でも高いパフォーマンスが得られる、などの特長がある。また、信頼性が高く、スイッチング損失を10%低減可能、モーター応答時間を大幅に短縮といった利点があるという。

 DTC+SVM方式のモーター制御には、Intel製マイコンボード「D1000」と、オン・セミコンダクター製IPMを搭載した評価基板を用いた。IPMにはプリドライバとIGBTが内蔵されている。IPMを変更することでさまざまな種類のモーターに対応することができるという。

 この他、同社のPWMコントローラ「NCP1247」とCypress製コントローラを組み合わせたUSB PD Type Cリファレンスデザインや、望遠撮影などを行う監視カメラ向けに1/256を超えるマイクロステップ制御が可能なモータードライバIC「LV8714TA」などを紹介した。


TECHNO-FRONTIER 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.