ニュース
» 2015年06月12日 11時55分 UPDATE

業界動向:FD-SOIの利用加速へ、欧州で専門プロジェクトが発足 (1/2)

CEA-Letiとそのパートナー各社が、FD-SOI(完全空乏型シリコン・オン・インシュレータ)を使ったデバイスの開発を加速するためのプロジェクト「Silicon Impulse」をスタートする。FD-SOIの開発メーカーは、アーキテクチャレベルからシステム実装まで、幅広い範囲にわたり専門家からアドバイスや提案を受けられる予定だ。

[Julien Happich,EE Times Europe]

 CEA-Leti(フランス原子力庁の電子情報技術研究所)はパートナー各社に向けて、低消費電力アプリケーション向けにFD-SOI(完全空乏型シリコン・オン・インシュレータ)を幅広く活用することを目指す開発プログラム「Silicon Impulse」を発表した。

 このプログラムでは、参加メンバーに向けて、IC設計や先端のIP(Intellectual Property)、エミュレータ、テストサービスの他、産業向けマルチプロジェクトウエハー(MPW)シャトルなどを取りそろえた、包括的なIC技術プラットフォームを提供することを目指すという。

photo 出典:ASML

 初期のパートナー提携先には、Presto Engineeringや、Cortus、Mentor Graphics、CMP、STMicroelectronics、Dolphin Integration、CEA-List(フランス原子力・代替エネルギー庁システム技術統合研究所)が含まれている。低消費電力が求められる既存および将来の新型デバイスに向けた開発を加速させるべく、設計サービス/施設ネットワークなどの設計プラットフォームを、協業によって実現していく。

 こうした例としては、高エネルギー効率のコンピューティングシステムや、超低消費電力のIoT(モノのインターネット)デバイス、過酷な環境下でも堅ろう性と高信頼性を提供するアプリケーションなどが挙げられる。プラットフォームでは、CEA-LetiやCEA-Listなどが持つ能力や専門知識を活用することにより、技術/アプリケーション関連の幅広い知識の構築を目指す。

 Silicon Impulseでは、FD-SOI関連の専門家によるネットワークや、強力な産業サプライチェーンへのアクセス性などを利用することにより、開発期間を大幅に短縮し、産業化を加速させることができると期待されている。さらにCEA-Letiは、ARMから取得した研究開発関連のライセンスを利用することにより、IoT開発プラットフォームに向けたFD-SOIにおいて、エネルギー効率の高いさまざまな種類のプロセッサ実装を実現していきたいとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.