特集
» 2015年06月17日 11時00分 UPDATE

ネットワーク技術だけが先行:5Gはユーザーの利点見えず、キャリアとメーカーにも“温度差” (2/5)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

アジア新興国のキャリアは5Gに興味なし

 これまでの世代の移動通信を振り返ると、3Gは欧州が、4Gは米国が主導してきた。欧州委員会(EC:European Commission)は2013年12月に、5G実用化の取り組みを加速すべく「5GPPP(5G Public-Private Partnership Association)」を発足させているが、佐藤氏は「欧州は5Gの主権を握りたいとは思っているが、EU諸国の動きを見ていると、まだ足並みがそろっていないという印象を受ける」と述べている。

 日本では、NTTドコモとKDDI/KDDI研究所が5Gの技術開発に積極的だ。もっと正確に言うならば、5G技術を開発できるような研究所を持っているキャリアが、日本ではNTTドコモとKDDIくらいしかないのだ。特にNTTドコモは、世界的に見ても5Gの技術開発で先行している。

 NTTドコモは2015年3月、5Gの屋外実験として、15GHz帯を用いて4.5Gビット/秒(受信時)以上のデータ通信に成功したと発表した。同年5月に開催された「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015(WTP2015)」では、70GHz帯を使ったビームフォーミング技術の実証実験で、2Gビット/秒以上の最大スループットを出したという結果を展示している。KDDI研究所も、5Gに向けた通信技術として、60GHz帯通信とLTEを組み合わせる通信技術を開発し、WTP2015でデモを行った*)

*)関連記事1:ドコモ、5Gに向け4.5Gビット/秒の高速データ通信に成功
  関連記事2:スマホをかざせば大容量コンテンツが即座に転送、NTTのミリ波非接触伝送技術
  関連記事3:60GHz帯+LTEで大容量コンテンツを高速ダウンロード、CCNプロトコルを採用

photo NTTドコモは、70GHz帯のビームフォーミングで、2Gビット/秒のスループットを達成した。「WTP2015」の展示ブースにて撮影(クリックで拡大)

 一方で東南アジアなど新興国のキャリアについては、佐藤氏は「5Gにまったく興味を持っていない」と言い切る。東南アジア(ASEAN諸国)では、3Gの普及すら進んでいない国も多い。4Gに至ってはまだ使えない国がほとんどだ。4Gを導入している国でも、4G使用率は極めて低い。「欧米のキャリアの5G動向にすら興味がなさそうだという印象を受ける。ASEANでは、2Gに対応する安いSIMカードを使えばいいという考え方が、いまだに主流だからだ」(佐藤氏)*)

*)関連記事:普及進まぬ3G網、サムスンの苦戦――東南アジアの通信事情

photo 東南アジアの携帯電話事情。3Gですら、普及率が低い国が多い(クリックで拡大) 出典:情報通信総合研究所

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.