特集
» 2015年06月17日 11時00分 UPDATE

ネットワーク技術だけが先行:5Gはユーザーの利点見えず、キャリアとメーカーにも“温度差” (5/5)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3|4|5       

5Gで注目したい、キャリアとメーカーの動きは?

 佐藤氏は、「メーカーの勢力図は、恐らく変わらない」とみている。メーカーの統廃合についても「ある程度進み切っている」(同氏)としているが、Nokiaが2015年4月にAlcatel-Lucentを買収すると発表したように、今後もまだ統合が行われる可能性はあるという。「ただ、Ericsson、Huawei、Nokiaといった大手が強いのは5Gでも変わらないだろう」(佐藤氏)。

 佐藤氏によれば、注目したいのはSamsung Electronicsの動きだという。Wall Street Jounrnalによれば、同社の最新スマートフォン「Galaxy S6」「Galaxy S6 Edge」の出荷数は、2015年4月の発売後3週間で1000万台を超えたという。ただし、これはSamsungが掲げている目標出荷台数を到達するには、だいぶ遅いペースのようだ。前世代の「Galaxy S5」に比べると、売れ行きのペースは鈍い。さらに、東南アジアなどの新興国では、地元メーカーの勢いに押されて不振が続いている。Samsungが5G対応の端末およびネットワーク(基地局)の両面でどのような勝負に出るのかは、注目に値しそうだ。

 日本メーカーについては、「5G市場において海外で勝負することは難しい」と、佐藤氏は話す。「3G、4Gで使われている設備の入れ替えが基本になるので、既存で採用されているメーカーの方が圧倒的に強い。既に各国のキャリアに入り込んで、運用保守を行っている海外メーカーの方が、残念ながら優位である」(同氏)。

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.