ニュース
» 2015年06月18日 15時30分 UPDATE

企業動向 部品/材料:終息部品などへの迅速な対応を支援、電子部品ライフサイクル情報を提供

富士通は、終息予定品など電子部品のライフサイクル情報を提供するEOL(End of Life)サービスを開始した。システム設計/製造段階において、採用した電子部品の製造中止などが決まった場合でも迅速に対応することが可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 富士通は、終息予定品など電子部品のライフサイクル情報を提供するEOL(End of Life)サービスを2015年6月17日より開始した。採用した電子部品の製造中止などが決まった場合でも、ユーザーは設計/製造段階で迅速に対応することが可能となる。情報機器や医療機器、車載電子機器といった製造業に向ける。

 「電子部品情報サービスCLCA(Component Life Cycle Adviser)」と呼ぶ今回のサービスは、同社が電子部品サプライヤより収集して管理する、数十万点にもおよぶ電子部品情報をベースにして、顧客が採用している電子部品に関して、ライフサイクル情報や終息が予定されている部品の代替候補部品の情報を、顧客に提供するサービスである。また、顧客の部品リストに掲載されている電子部品に関連した情報を定期的にチェックして、更新情報などをメールで伝えるサービスも用意している。

tm_150618fujitsu01.jpg 電子部品情報サービス CLCAの概要 (クリックで拡大) 出典:富士通

 同サービスでは、富士通が管理している部品情報と、顧客が採用している部品リストを照合し、最新の電子部品ライフサイクル情報を、顧客に提供する。終息予定品や終息品が判明し、その代替候補の製品がある場合は、互換レベルの情報を提供する。さらに、顧客の部品リストに記載された電子部品について、通常は毎週1回の頻度でチェックし、電子部品に関する更新情報をメールで通知することになっている。

 同サービスを活用することで、電子部品ユーザーは、設計段階で部品の見極めや代替製品の早期決定、供給状況の把握などを容易に行うことが可能となる。電子部品情報サービスCLCAの販売価格(税別)は、月額20万円より(初期構築費は別途必要)。

 なお、今回のサービスは、部品管理用ソフトウェア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA(プレミア)グローバルエディション」と連携することで、PLEMIAグローバルエディションで構築した部品リストを、常に最新情報に更新することができるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.