特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2015年06月22日 13時10分 UPDATE

通信技術:IoT実用化における7つの課題 (1/3)

IoT(モノのインターネット)の実用化については、さまざまな課題が既に挙げられている。今回は、主にネットワークプロバイダ側から見た問題点を7つ、紹介しよう。

[Hemanand Yadhindran(Veryx Technologies),EE Times]

 IoT(モノのインターネット)は、既存のインターネットインフラを使ってデバイスを接続することにより、もっと豊かでスマートな生活を人々にもたらす可能性を秘めている。IoTの実装によってもたらされるメリットとしては、ウェアラブル機器やコネクテッドコンピューティング、ユビキタスネットワーク、リアルタイムネットワーク情報、リソースの最適利用などが挙げられる。

 しかし現在、ネットワーク上で相互接続されるデバイスの数が劇的に増加していることを受け、ネットワークサービスの開発が複雑化している。さらに、こうしたネットワークの管理業務も大規模になる一方だ。

 ネットワークサービスプロバイダは、こうした新しい変化によって受ける影響を予測するとともに、自社が提供するネットワーク上のコネクテッドデバイスが増大する事態に備える必要がある。ネットワークオペレータは現在、ネットワーク上で増え続けるデバイスを監視・管理しなければならないという、困難な課題に直面している。また、特に顧客ロイヤルティーやブランド認知がかかわる問題でもあるため、自社のサービスをビジネスクラスのSLA(サービス品質保証)に準拠させることの重要性が高まっている。

1. データ量の爆発的な増加

 IoTの台頭により、オンラインで伝送されるデータ量が爆発的に増大するとみられている。IoTネットワークの開発はますます複雑化していくだろう。M2M/IoT機器メーカーにとっては、データトラフィックの増加に伴い、ネットワークの監視業務も複雑化の一途をたどっていくことになる。

photo ウェアラブル機器によるデータトラフィックの増加 出典:Cisco Systems

2. IPv6への対応

 データ量だけでなく、インターネットに接続される機器の数も飛躍的に増加している。現在既に不足している状態にあるIPv4アドレス空間が、使用できなくなる可能性もある。このため、IPアドレスの数を拡張させたIPv6への対応は必須だ。だが、IPv4ベースのアプリケーションに対するコネクティビティも求められるようになるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.