ニュース
» 2015年06月22日 16時10分 UPDATE

業界動向:2014年度の使用済みPCの回収台数は約86万台、前年度に比べ3.4%減少

2014年度に日本で回収された使用済みPC(表示装置含む)の台数は、合計で86万2000台となった。前年度に比べると3.4%の減少となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 パソコン3R推進協会は2015年6月、会員企業が2014年度に回収した使用済みPC(表示装置含む)の台数をまとめ発表した。これによると、合計で86万2000台となり、前年度に比べて3.4%減となった。

 2014年度に回収した使用済みPCの内訳は、家庭から回収されたPC(以下、家庭系PC)が48万3000台で、前年度比1.9%増と若干上回った。法人から回収したPC(以下、事業系PC)は、37万9000台で、同9.5%減と大幅な落ち込みとなった。「2013年度はWindows XPのサポート終了や消費税増税の影響で買い替えが促進され、排出されるPCが増加した。2014年度はその反動もあり、全体では減少したと考えられる」と、同協会ではみている。

表1
リサイクル
(再資源化処理)
製品リユース 改修合計
家庭から廃棄されるPC
(家庭系PC)
461千台
(102.4%)
22千台
(93.4%)
483千台
(101.9%)
法人から廃棄されるPC
(事業系PC)
258千台
(83.6%)
121千台
(110.1%)
379千台
(90.5%)
合計 719千台
(94.7%)
143千台
(107.2%)
862千台
(96.6%)
パソコン3R推進協会の資料を元に作成

 なお、家庭系PCのうち、リサイクルのための回収量は前年度比2.4%増となったが、製品リユースのための回収量は同6.6%減であった。これに対して、事務系PCは、リサイクルのための回収量が同16.4%減と落ち込んだものの、製品リユースのための回収率は10.1%増となった。

 リサイクルのために回収されたPCを製品カテゴリ別に見た。家庭系PCでは、ノートブック型PCの増加もあり、PC本体合計は台数ベースで前年度を5.1%上回った。これに対して事務系PCは、デスクトップ型、ノートブック型のいずれも前年度を下回った。表示装置は台数ベースの合計で、3.9%減となった。

表2
カテゴリー 家庭系PC 事業系PC 合計
台数 重量 台数 重量 台数 重量
デスクトップ型
PC本体
123千台
(98.0%)
1,346トン
(97.1%)
107千台
(83.6%)
1,083トン
(82.9%)
230千台
(90.7%)
2,429トン
(90.2%)
ノートブック型PC 165千台
(110.5%)
562トン
(120.8%)
77千台
(77.5%)
263トン
(83.7%)
242千台
(97.3%)
825トン
(105.8%)
PC本体合計 288千台
(105.1%)
1,908トン
(103.4%)
184千台
(81.1%)
1,346トン
(83.0%)
472千台
(94.2%)
3,254トン
(93.9%)
ブラウン管式
表示装置
29千台
(79.7%)
478トン
(78.4%)
11千台
(94.9%)
174トン
(92.2%)
40千台
(83.6%)
652トン
(81.6%)
液晶式表示装置 144千台
(103.6%)
1,305トン
(103.7%)
63千台
(90.3%)
377トン
(82.3%)
207千台
(99.2%)
1,682トン
(97.9%)
表示装置合計 173千台
(98.9%)
1,783トン
(95.5%)
74千台
(90.2%)
551トン
(85.0%)
247千台
(96.1%)
2,334トン
(92.8%)
合計 461千台
(102.7%)
3,691トン
(99.4%)
258千台
(83.5%)
1,897トン
(83.6%)
719千台
(94.9%)
5,588トン
(93.4%)
パソコン3R推進協会の資料を元に作成

 2014年度における再資源化の実績は、いずれのカテゴリにおいても、法定目標値を達成したという。なお、資源再利用率で事務系PCが家庭系PCを上回っているのは、「家庭系から廃棄されるPCは一般的に年次が古く、中古再生部品または資源として再利用できる製品が少ないため」と分析している。

表3
カテゴリー 家庭系PC 事業系PC 合計 資源再利用率(法廷目標値)
資源再利用量 資源再利用率 資源再利用量 資源再利用率 資源再利用量 資源再利用率  
デスクトップ型
PC本体
977トン
(93.2%)
72.6% 914トン
(82.9%)
84.4% 1,891トン
(87.9%)
77.9% 50%
ノートブック型PC 317トン
(121.3%)
56.5% 185トン
(89.9%)
70.0% 502トン
(107.2%)
60.8% 20%
ブラウン管式
表示装置
331トン
(78.7%)
69.3% 137トン
(94.2%)
78.4% 468トン
(82.7%)
71.7% 55%
液晶式表示装置 947トン
(102.4%)
72.6% 311トン
(82.6%)
82.4% 1,258トン
(97.8%)
74.8% 55%
合計 2,572トン
(96.9%)
  1,547トン
(85.3%)
  4,119トン
(92.2%)
   
パソコン3R推進協会の資料を元に作成

 パソコン3R推進協会は、日本でPCやPC用表示装置の事業を行っている50社が会員となり、家庭や事業所での使用済みPCの回収/再資源化を推進している。

関連キーワード

PC | 回収 | 再利用 | 事務 | リサイクル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.