特集
» 2015年06月23日 10時00分 UPDATE

PLCは進化していた!:既設ケーブルがフル活用できるIoT向けマルチホップ対応の高速電力線通信が登場 (1/3)

メガチップスは2015年6月、IoT用途向けにマルチホップ通信に対応した独自PLCを開発し、同PLCを実現する通信用LSIを発表した。十数Mビット/秒の高速通信が行える技術で、既存ケーブルを有効活用できる通信技術として幅広く提案する。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 無線では心もとないけど、ケーブルを引き回さずに高速通信したい。

 ビルや工場、家庭で、さまざまなIoT(モノのインターネット)を実現しようとする際、問題になるのが通信手段だ。コストを掛けず、それでも、安定した高速通信を行いたいというニーズは今後、増えてくる見込みだ。

 そうした中で、IoTの通信手段として、電力線通信(PLC)を提案する企業が現れた。大阪市に本社を置くファブレス半導体メーカー、メガチップスだ。

 PLCといえば、2000年代後半、新たなインターネット接続手段として一躍注目を集めた。家中張り巡らされた電力線をイーサネットケーブル代わりに使え、コンセントにつなぎさえすれば、インターネットが行える――。聞く限りでは、便利なPLCだったが、結局のところ、現状ではほとんど普及していない。コンセントと、ルータやPCといった接続機器の間にPLCとイーサネットを変換するPLCアダプタが不可欠で、なおかつ、比較的近い距離でしか安定して高速通信が行えない当時のPLCは、手軽で急速に安価になっていった無線LANに押された格好だ。

PLCは進化している

 PLCが登場したころを知る者にとっては、もはや「過去の技術」と言わざるを得ない状況だ。しかし、メガチップスは、IoTの通信手段の1つとして、PLCを選択した。

 メガチップスは「PLCが話題となった6〜7年前からPLCは大きく進化した」という。

tt150623MegaC001.jpg 旧来のHD-PLCと最新のHD-PLCの比較。BlueChip PLCとの記載が第3世代HD-PLCに相当する (クリックで拡大) 出典:メガチップス

 高速PLCの代表的な規格「IEEE1901」ベースの「HD-PLC」は、現在、第3世代にまで進化した。世間の注目を集めた第1世代に比べ、第3世代は、UDPスループットが最大40%向上し、送信出力が約4.6倍向上したという。言い換えれば、よりノイズの劣悪な環境や長い通信距離でも、安定した通信が行えるようになったとする。「1本の銅線であれば、200m程度まで通信が可能。実効速度数十Mビット/秒(bps)の高速通信が行える範囲は格段に向上している」と言い切る。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.