ニュース
» 2015年06月23日 12時00分 UPDATE

プロセス技術:CMOSプロセスでInGaAs FinFETを形成、Si/SOI基板上に

IBMがIII-V族化合物半導体を使ったFinFETの開発成果を積極的に発表している。IBMは、局所横方向エピタキシャル成長(CELO)技術により、シリコンおよびSOI基板の両方に、通常のCMOSプロセスで、InGaAsのFinFETを形成したと発表した。

[R Colin Johnson,EE Times]

 IntelやSamsung Electronicsなどは現在、Si(シリコン)基板を使いながら、電子移動度がより高いIII-V族化合物半導体を利用する手法の開発に取り組んでいる。IBMは、標準的なCMOSプロセスでこれを実現する手法を発表した。

 IBMは、SOI(シリコン・オン・インシュレータ)ウエハー上にIII-V族化合物半導体であるInGaAs(インジウムガリウムヒ素)を積層する技術を既に発表している*)。同社の別の研究チームがさらに優れた手法を発見したという。今回発表された手法は、通常のバルクシリコンウエハーを使用して、InGaAs FinFETを形成するというものだ。2015年6月15〜19日に京都で開催した国際会議「IEEE Symposium on VLSI Circuits」で報告した。

*)関連記事:「ムーアの法則」継続の鍵となるか、Si/III-V族の“ハイブリッド”ナノワイヤ

 IBMの最先端機能材料部門でマネジャーを務めるJean Fompeyrine氏は、EE Timesに対して、「まずはSOI基板ではなく、バルクシリコンウエハーを使った。バルクシリコン上に酸化物層を形成したあと、シリコン基板に向けてトレンチを作る。そのトレンチを使ってシード層からInGaAsを成長させる。これは、非常に製造しやすいプロセスだ」と説明した。Fompeyrine氏は、この手法をIBM Researchの最先端CMOSサイエンティストであるLukas Czornomaz氏と共同で開発したという。

photo InGaAsは、シード層から成長し、ウエハーに対して水平方向に伸びていく。その後、端の部分がエッチングされて、InGaAsのトランジスタチャネル(緑色)が、Si基板上の埋め込み酸化膜(BOX)の上に形成される。メタルソース、ドレイン、そして、SiO2のILD(InterLayer Dielectric:層間絶縁膜、黄色)に覆われた高誘電体(赤)ゲート(灰色)も、ともに形成される 出典:IBM

 IBMの手法は、ベルギーのIMECが開発した方法と似ている。ただしIBMは、IMECとは異なる新たな技術を導入している。IMECの手法では、InGaAsは垂直方向にのみ成長する。IBMの手法も最初は垂直方向に成長するが、その後、水平に内側に向かうように誘導する。垂直方向の成長パターンでは、結晶格子の不整合による欠陥が発生する場合があるが、同手法では、これが発生しないという。

 Fompeyrine氏は、「この技術は、局所横方向エピタキシャル成長(CELO:Confined Epitaxial Lateral Overgrowth)と呼ばれるものだ。CELOは、欠陥の発生率を非常に低く抑えながら、InGaAsをエピタキシャル成長させるので、最先端のCMOSで必要とされるUTB(Ultra Thin Body)あるいはFin構造のトランジスタを形成できる」と説明している。CELOは、InGaAsの欠陥が非常に少ないため、III-V族化合物半導体を使ったプレーナ型とFin型の両方を、埋め込み酸化膜(BOX)上に形成できるとしている。

photo IBMは、「CELO」が、標準的なシリコン基板上にFinFETを形成する際にも有効だということを示した 出典:IBM

 CELOによる、ゲートファースト方式で、自己整合構造のFinFET*)は、最先端のシリコン基板上のInGaAs MOSFETと同等レベルの電気特性を示すという。

*)サイズは、ゲート長が100nm、Fin幅は50nm、コンタクトプラグ間隔は250nm、厚さは30nm。

photo IBMによれば、CELOは、III-V族化合物半導体を利用する手法のあらゆる課題を解決できるとしている 出典:IBM

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.