連載
» 2015年07月10日 11時00分 UPDATE

フリースケール開発者会議(FTF)レポート(6):インターネットの明日を詰め込んだ大型トレーラー「IoT Truck」(後編) (1/3)

今回は、先進運転システムやスマート・シティ向けのIoT技術の他、ベンチャー企業が開発したバッテリ内蔵リュックサックや、スマートフォンに取り付ける赤外線カメラが展示された。別のコーナーでは、RFパワートランジスタを採用した電子レンジや、生ビールの残量をモニタリングするプレートなど、ちょっと変わった開発品も並んだ。

[福田昭,EE Times Japan]

クルマの計器パネルに入力デバイスを組み込む

 前回は、Freescaleが製作した販促用大型トレーラー「IoTトラック」の内容を紹介した。「IoTトラック」の展示物は、以下のようなテーマに分かれている。

  1. スマート・ホームとスマート・ビルディング(Smart Home & Building)
  2. フィットネス、ウエアラブル、メディカル(Fitness Wearables and Medical)
  3. 先進運転システム(Advanced Driving Systems)
  4. スマート・シティとスマート・エネルギー(Smart Cities & Energy)
  5. イノベーション・スペース(Innovation Space)

 この中で前回は、「(1)スマート・ホームとスマート・ビルディング」と「(2)フィットネス、ウエアラブル、メディカル」の展示概要を報告した。今回は、「(3)先進運転システム」以降の展示概要を紹介する。

 「(3)先進運転システム」のコーナーでは、入力デバイス(ゲームコントローラに類似)を搭載したインストルメントパネル、車載オーディオビデオ・システムの操作パネル、セキュアな自動車内無線ネットワークの開発ボード、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)用センサーノードなどを展示していた。

photophoto 左=ゲームコントローラに似た入力デバイスを搭載したインストルメントパネル / 右=車載オーディオビデオの操作パネル。2015年6月24日に撮影(クリックで拡大)
photophoto 左=セキュアな自動車内無線ネットワーク(Wi-Fi)の開発ボード / 右=タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)用センサーノード。空気入れのバルブを兼ねる。サブGHzの無線によって空気圧センサーのデータを送信する。2015年6月24日に撮影(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.