コラム
» 2015年07月13日 13時00分 UPDATE

どう使う?:たった5ドルで手に入る!? 10mm角の8ピンFPGAモジュール

ドイツのTrenz Electronicが、10mm×10mmのFPGAモジュールを5ドルで販売するプロジェクト「DIPSY」を進めている。2.54mmピッチのDILを採用し、5本のI/O端子はDIP8 PCB、ATtiny85と互換性のあるピン配置になっている。

[Max Maxfield,EE Times]

 つい先ほど(2015年7月9日、米国時間)、ドイツTrenz ElectronicのR&DマネジャーであるAntti Lukats氏から、1通のメッセージを受け取った。そこには、Anttiが携わる最新のプロジェクト「DIPSY」(HackadayのWebサイトに掲載されている)について書かれていた。

 DIPSYは、10mm×10mmと小型のFPGAモジュールで、価格はわずか5米ドルである。Lattice SemiconductorのFPGA「ice40UL1K」をベースにしたものだ。モジュールの主な仕様は以下の通りである。

  • 5本のI/O端子:DIP8 PCB、ATtiny85と互換性のあるピン配置になっている
  • 5本のLED I/O端子:駆動電流24mA×3本、100mA×1本、400mA×1本
  • 1280個のロジックセル(LUT[ルックアップテーブル]+フリップフロップ)
  • 最大7Kバイトの内部RAM(14のブロックRAMタイル)
  • Microchip Technologyの「UNI/O」シリアルEEPROM(2Kバイト)
  • Texas Instruments(TI)の1.2V LDO(低ドロップアウト) ICをコア電源向けに搭載
  • ハードIPコア:IR RX、TX、I2C、RGB LED PWM
  • アイドル時の消費電流:30μA以下
  • 無償の開発ツール
photo 「DIPSY」の外観イメージ

 個人的には、このモジュールが、一般的な2.54mmピッチのDILを採用している点をとても気に入っている。ブレッドボードで使いやすいからだ。

 Anttiによれば、実際に動作しているプロトタイプの写真を用意でき次第、KickstarterにもDIPSYを出品するようだ。もしKickstarterに出品されたら、また取り上げたい。さて、読者の皆さんは、この小さなDIPSYで何をしたいと思うだろうか。

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.