ニュース
» 2015年07月14日 14時42分 UPDATE

M&A:中国半導体メーカー、マイクロンに230億ドルで買収案

中国半導体メーカーのTsinghua UniGroupが、Micron Technologyに、230億米ドル(約2兆8290億円)で買収を持ちかけているという。米Wall Street Journalが報じた。

[Rick Merritt,EE Times]

 中国政府系の未公開株式(プライベート・エクイティ)投資会社であるTsinghua UniGroupが、米Micron Technologyに230億米ドル(約2兆8290億円)で買収を持ちかけているという。実現すれば、中国の半導体メーカーとしては最大級の買収劇となる。ただし、同時に政治的な問題も絡むことになりそうだ。

 米Wall Street Journalは2015年7月14日(現地時間)、米国証券取引所が同日に閉会した後に、この買収提案を報じた。2014年に168億米ドルの売上高を記録したMicronは、米国ではIntelに次ぐ第2位の半導体メーカーである。

 中国にとってMicronに買収案を持ちかけるというのは理解できる。ただし、米国では政治的な懸念が起こる可能性もある。

 中国は、半導体業界において1500億米ドルにも上る貿易赤字を埋めようと必死だ。中国は、世界で製造されるICの約3分の1を消費している。一方で、中国が製造しているICは、世界のIC生産量の12%のみだ。

 中国政府は2014年、半導体業界に200億米ドルを投入すると発表している。

 Tsinghua UniGroupは、こうした一連の動きの最前線にいる企業だ。同社は、モバイル機器向けSoCを手掛ける中国企業のSpreadtrum CommunicationsとRDA Microelectronicsを管理している。

 市場調査会社であるGartnerの中国市場アナリストであるSamuel Wang氏によれば、Tsinghua UniGroupは、中国政府と地方自治体からの投資を狙っているという。「Tsinghua UniGroupは、まずは買収案を持ちかけ、資金はその後で調達するつもりではないか」(Wang氏)。

関連キーワード

中国 | 買収 | 半導体 | Micron | Wall Street Journal


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.