ニュース
» 2015年07月22日 15時15分 UPDATE

競合が3社合併しないと追い付けない:TI、圧倒的な品ぞろえでIoT市場を攻略 (1/3)

Texas InstrumentsのシニアバイスプレジデントのSteve Anderson氏が来日し、成長が見込まれるIoT市場に重点を置く、同社アナログIC事業の戦略を語った。

[竹本達哉,EE Times Japan]

アナログ事業への投資強化

 3社合併しなければ、実現できないほどの製品ポートフォリオ――。

 Texas Instruments(テキサス・インスツルメンツ/以下、TI)のシニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのSteve Anderson氏がこのほど来日し、同社売上高の6割超を占めるアナログIC事業の今後の戦略を説明した。同事業を統括するAnderson氏は、圧倒的な品ぞろえを誇る製品群を生かし、スマートファクトリーなど世界的なIoT(モノのインターネット)化に焦点を当て、事業を拡大させていく方針を示した。

tt150722TI000.jpg アナログ事業を統括するシニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのSteve Anderson氏

 TIの2014年度売上高は130億米ドル。そのうち、アナログIC事業は81億米ドルを占めTIにとっての主力事業に相当する。80億米ドルを超える事業規模は、市場規模440億米ドル程度とみられる世界アナログIC市場でトップであり、2位を大きく引き離す。

tt150722TI001.jpg Texas Instrumentsの製品別売り上げ構成 (クリックで拡大) 出典:Texas Instruments
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.