ニュース
» 2015年07月29日 13時30分 UPDATE

結露によるイオンマイグレーションを抑制:コンデンサ表面に撥水処理、村田製作所が製品化

村田製作所は、積層セラミックコンデンサの表面に撥水(はっすい)処理を施した「撥水コンデンサ」を開発し、サンプル品の出荷を始めた。結露によるイオンマイグレーションの発生を抑制することが可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 村田製作所は2015年7月、積層セラミックコンデンサの表面に撥水(はっすい)処理を施した「撥水コンデンサ」を開発し、サンプル品の出荷を始めた。2015年中に量産を開始する。結露によるイオンマイグレーションの発生を抑制することが可能となる。車載機器などの用途に向ける。

 撥水コンデンサは、撥水処理膜をコンデンサ表面に施した。これによって、温湿度の変化が大きい場所で利用される車載用ECUなどで、部品表面に結露が発生した場合でも、その水滴が点在する状態を維持することができる。しかも、外部電極間をまたぐ水滴の成長を遅らせることでイオンマイグレーションの発生を抑制することができるという。また、撥水処理膜は外部電極の金属が水滴へ溶出(イオン化)することを抑えている。

tm_150729murata01.jpgtm_150729murata02.jpgtm_150729murata03.jpg 撥水コンデンサの構造例(左)、撥水効果で水滴が点在状態を維持している(中央)、撥水処理膜が水滴への金属溶出を抑制する(右) 出典:村田製作所

 黒色水溶性ペンで濡れ性の評価を行った結果、撥水処理品の撥水性は未処理品に比べて、高い効果が得られることが分かった。

tm_150729murata04.jpg 黒色水溶性ペンによる濡れ性の評価。左が撥水未処理品、右が撥水処理品 出典:村田製作所

 撥水コンデンサは、一般電子機器向けの「GXMシリーズ」、エンジンECUやカーナビゲーションなど車載システムに向けた車載電子部品規格「AEC-Q200」準拠の「GGMシリーズ」及び、車載システム向けに2素子直列構造とした「GGDシリーズ」の3シリーズがある。

tm_150729murata05.jpg 撥水コンデンサの外観

 定格電圧はGXMシリーズが2.5〜100Vdc、GGMシリーズは6.3〜100Vdc、GGDシリーズは25〜100Vdcとなっている。外形寸法は、「1005」、「1608」、「2012」、「3216」及び「3225」の各サイズを用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.