ニュース
» 2015年08月04日 13時30分 UPDATE

SoCとアナログ半導体が連携したSDRの開発を開始:Maxim、ルネサス「R-Carコンソーシアム」に参加

Maxim Integrated Products(マキシム)は2015年8月、ルネサスが提唱するパートナーシップ「R-Carコンソーシアム」に参加したことを発表した。ルネサスのSoCとマキシムのアナログ半導体が連携した車載向けソリューションを展開していくという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 大手アナログICベンダーのMaxim Integrated Products(マキシム)は2015年8月、ルネサスが提唱する、自動車のヘッドユニット向けプラットフォーム構築を目指すパートナーシップ「R-Carコンソーシアム」に参加したことを発表した。

車載半導体市場の拡大

 米国の調査会社IC Insightsが2014年に発表した調査によると、車載半導体市場における2013年から2018年の年平均成長率は10.8%と予測されている。ハイブリッドカーや電気自動車(EV)の普及、自動運転システムの開発、車間通信やカメラ機能など、さまざまな運転支援システムの普及で今後も用途が拡大するのは確実である。

 マキシムは、車載半導体の強化に取り組んでおり、LEDヘッドライティング、ソフトウェアディファインドラジオ(SDR)、ギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)ソリューション、バッテリーマネジメントIC、パワーマネジメントIC(PMIC)などさまざまなアナログ車載半導体を製品化している。

ルネサスのSoCと連携したソリューションを

 マキシムは、今回ルネサスの「R-Carコンソーシアム」に参加することで、SDRアプリケーションでは、SoCとアナログフロントエンドを直接デジタル接続し、SoCで高速デジタル信号処理をすることで、世界中のあらゆるラジオシステムに対応したラジオチューナーが構成可能なソリューションの開発を開始。従来のベースバンド信号処理に必要な回路を削減、大幅なコストダウンとともに同一デザインを実現するという。

 ルネサス車載情報システム事業部の吉田正康氏は「マキシムがR-Carコンソーシアムに参加することで、ルネサスのSoCとマキシムのアナログ半導体が連携し、革新的な車載向けシステムが実現することを期待している」とリリース上で述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.