ニュース
» 2015年08月11日 12時30分 UPDATE

2015年上半期 半導体売上高ランキング:AMDは上位20社圏外に、シャープはランクイン

IC Insightsが、2015年上半期の半導体売上高ランキングを発表した。それによると、AMDとNVIDIAがトップ20社の圏外に落ち、代わってシャープとUMCがランクインしている。AMDは、PC市場の低迷もあり不安定な状態が続いている。

[Dylan McGrath,EE Times]

 Advanced Micro Devices(AMD)の売上高は過去数年間で下落し続けており、6四半期連続で損失を計上している。市場調査会社のIC Insightsによると、同社は2015年上半期の半導体ベンダー売上高ランキングで上位20社から転落したという。

AMDが圏外に、シャープはトップ20入り

 AMDのランキング転落は主に、特に厳しかった第2四半期が要因だ。IC Insightsによると、同社の売上高は前年同期比で35%減少した他、2003年以降で初めて10億米ドルを下回ったという。

photo 2015年上半期における半導体メーカーランキング上位20社。売上高の単には百万米ドル。ファウンドリ企業を含む(クリックで拡大) 出典:IC Insights

 iSuppliが発表した年間ランキングによると、AMDは2000年より前のある時以降、チップサプライヤー上位20社に毎年ランクインしていた。

 AMDとNVIDIAに代わり、シャープと台湾UMCがトップ20社にランクインしている。

不安定な状態が続くAMD

 PC市場が鈍化し、AMDの売上高が減少する中、同社は不安定な状態が続いている。最近まで、PC向け製品は同社の売上高のうち約90%を占めていた。ただし、AMDはここ数年、PC以外の市場における売上高の比率を高めていて、回復の兆しは見えている。同社のCEOであるLisa Su氏は、2015年下半期に業績を回復することを約束している。

 だがIC Insightsは、AMDのリストラとPC以外の市場への注力は、効果を生むには至っていないと記した。AMDは、2014年に4億300万米ドル、2015年上半期には3億6100万ドルの損失を計上している。

 IC Insightsの市場リサーチ部門でバイスプレジデントを務めるBrian Matas氏は、インタビューの中で、「AMDはエンタープライズ向けや組み込み市場でシェアを拡大しようと努めている。また、ARMベースのプロセッサと並行してx86系プロセッサの製品開発にも取り組んでいる。だが、まだ成果が表れていない。PC向け製品の売上高の減少も歯止めがかからない状態にある」と述べている。

 Matas氏は「AMDがこれまで行った(業績改善の)取り組みの中で、成果が上がっているものは、まだない」と続けた。

 大方の予想通り、Intelは236億米ドルの売り上げを達成し、2015年上半期もトップに立った。2001年以降、第2位についているSamsung Electronicsは、2015年上半期もその地位に甘んじる形となった。ただしIC Insightsは、Samsungは第2四半期の目覚ましい成長によってIntelを追い上げたと話している。Samsungの2015年上半期の売上高は196億米ドルで、Intelの売上高を約16%下回っている。2014年のIntelの売上高はSamsungの売上高より36%高かった。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

AMD | 売上 | ランキング | Intel | シャープ


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.