ニュース
» 2015年08月14日 09時00分 UPDATE

PCIe SSDの性能を最大限に引き出す:NVM Express採用SSD、東芝が3シリーズを発売

東芝 セミコンダクター&ストレージ社は、同社では初めてコマンドインタフェースにNVMe(NVM Express)を採用した、PCIe(PCI Express)インターフェース対応のSSDを製品化した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2015年8月、コマンドインタフェースにNVMe(NVM Express)を採用したPCIe(PCI Express)インターフェース対応SSDとして3シリーズを製品化した。NVMe採用のSSDは同社として初めてとなる。2015年第4四半期(10〜12月)より、順次サンプル出荷を始める。

 新製品には「XG3シリーズ」、「BG1シリーズ」、「PX04Pシリーズ」の3シリーズがある。XG3シリーズは、ハイエンドノートPCに適したクライアントシステム向け製品である。PCIe Gen3×4レーンを採用することで、データ転送速度は最大32Gトランスファ/秒を達成している。記憶容量は最大1024Gバイトである。フォームファクタは2.5型7.0mm厚ケースと、M.2 Type 2280で片面モジュール及び両面モジュールの3タイプを用意した。

tm_150814toshiba01.jpg XG3シリーズの外観
tm_150814toshiba02.jpg XG3シリーズの主な仕様 (クリックで拡大) 出典:東芝

 BG1シリーズは、薄型ノートPCに適したクライアントシステム向けSSDである。NAND型フラッシュメモリとコントローラを1パッケージに実装することで小型化を図った。フォームファクタは3タイプある。M.2 Type 1620(16×20mm)シングルパッケージ品は、記憶容量が最大256Gバイトである。この他に、M.2 Type 2230片面モジュールとM.2 Type 2280片面モジュールを用意した。

tm_150814toshiba03.jpg BG1シリーズの主な仕様 (クリックで拡大) 出典:東芝

 PX04Pシリーズは、サーバー・ストレージシステムに適したSSDである。2.5型15mm厚ケースとHHHL(Half Height Half Length)アドインカードタイプの、2つの形状がある。記憶容量は最大3.2 Tバイトを実現した。また、通常の消費電力は18Wだが、顧客の使用環境に合わせて、12Wまで節減することも可能だという。

tm_150814toshiba04.jpg PX04Pシリーズの主な仕様 (クリックで拡大) 出典:東芝

 なお、XG3シリーズとPX04Pシリーズは、独自の誤り訂正技術「QSBC(Quadruple Swing-By Code)」を採用している。複数のエラー訂正回路によって、SSD内部で発生するさまざまなエラーに対処することができるため、効率的でより精度の高い処理を行えるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.