ニュース
» 2015年08月21日 13時00分 UPDATE

ソニーが圧倒的なシェアを誇る:CMOSセンサー、2019年には150億ドル規模に

CMOSイメージセンサー市場が好調だ。これまではスマートフォンのカメラ向けが多くを占めていたが、車載やセキュリティ、ゲームなど用途が拡大していることで、2019年には150億米ドル規模になるとみられている。

[Peter Clarke,EE Times]

 IC Insightsは2015年8月、CMOSイメージセンサー市場における2019年までの成長率予測を発表した。それによると、CMOSイメージセンサーの用途の拡大により、同市場は順調に成長し、2019年には150億米ドル規模になるという。

 ただし、2017年と2018年の成長は横ばいとなる見込みで、この理由についてIC Insightsは特に説明はしていない。一因としては過剰供給が考えられる。

photo 2019年までのCMOSイメージセンサー市場成長予測(クリックで拡大) 出典:IC Insights

 IC Insightsの予測によると、2015年、CMOSイメージセンサー市場は前年比14.8%増となる101億米ドルに達する見込みだ。

 2014年は、CMOSイメージセンサー市場の約70%(62億米ドル)は、スマートフォンに搭載するカメラ向けだった。この割合は、2019年には49%にまで減少するとみられている。代わって高い成長率を遂げると予測されているのが、車載やセキュリティの分野である。

 自動車の安全システムなど、車載向けのCMOSイメージセンサーは、57.4%の年平均成長率で成長し、2019年には21億米ドル規模になるという。2014年には、CMOSイメージセンサー市場のわずか3%しか占めていなかったが、2019年には14%に増加する見込みだ。

 セキュリティシステムや監視システム向けは、38.4%の年平均成長率で成長し、2019年には8億9900万米ドル規模になるとされている。

 さらに、玩具やビデオゲーム向けも、年平均成長率32.7%で成長する見込みだ。2019年には2億5500万米ドルに達するとされている。

CMOSイメージセンサー市場をけん引するソニー

 CMOSイメージセンサー市場をけん引するソニーは、車載市場をターゲットとしている。スマートフォン向けCMOSイメージセンサーで確固たる地位を築いた同社は、車載向けでもトップを狙う。

 IC Insightsによると、現在のCMOSイメージセンサー市場のシェアは、ソニーが32%でトップ。その後にOmniVision、Samsung Electronics、シャープ、SK Hynix、中国のGalaxyCoreが続く。

 なお、ソニーは2015年4月、約450億円を投資してCMOSイメージセンサーの生産能力増強を行うと発表している*)

photo ソニーのCMOSイメージセンサー「Exmor RS」 出典:ソニー

*)関連記事:ソニー、イメージセンサー増強へ450億円規模の追加投資を発表

関連キーワード

CMOS | ソニー | 車載 | 成長率 | スマートフォン


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.