ニュース
» 2015年09月01日 16時30分 UPDATE

2014年の1.4倍!:ADAS普及で車載センサー市場は2020年3兆円超に

矢野経済研究所は、車載用センサー市場についての調査結果を発表した。調査結果によると、2014年の車載用センサーの世界市場規模は、パワートレイン向けやADAS向けセンサーの市場が堅調に伸び、前年比26.8%増の2兆2543億円となったという。パワートレイン向けセンサーとADASの普及拡大が今後も期待され、2020年には同市場規模が3兆1487億円に達すると予測している。

[庄司智昭,EE Times Japan]

センサーフュージョンが中心に

 矢野経済研究所は2015年9月1日、車載用センサー市場についての調査結果を発表した。調査結果によると、2014年の車載用センサーの世界市場規模は、パワートレイン向けやADAS(Advanced Driver Assistance System:先進運転支援システム)向けセンサーの市場が堅調に伸び、前年比26.8%増の2兆2543億円に拡大したという。

 車載用センサーの世界市場は今後も年平均成長率(CAGR)5.7%を維持し、2020年に3兆1487億円に達すると予測。環境規制、燃費向上に向けたパワートレイン向けセンサーの需要拡大、日本、米国、欧州と中国市場におけるADASの普及拡大が続くという。

 特にADAS向けセンサーは、検知精度向上や多機能化により、複数個のセンサーを搭載するセンサーフュージョンが中心になり、車両1台あたりに搭載するADAS向けセンサーの数量が増加する。車両前方に加え、車両側面/後方でのセンサー搭載も増える見込みで、2014〜2020年までのADAS向けセンサー世界市場のCAGRは20.5%。2020年の同市場規模は9094億円に達すると予測している。

ts0901_ADAS01.jpg 車載用センサーの世界市場規模予測 (クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

日本国内でもADASの普及拡大へ

 2015年における車載用センサーは、前年比5.9%増となる2兆3871億円に増加すると予測されている。ADAS向けセンサーは、2015年に前年比36.6%増の4062億円に拡大すると予測されている。

 ADAS向けセンサーが2015年に拡大する要因は、2016年にEuro NCAP(European New Car Assessment Programme:欧州の安全性能評価基準)で歩行者保護が評価項目に加わることを受け、歩行者を検知できるADAS用カメラ(センサー)の採用がドイツ自動車メーカーを中心に進んでいることが挙げられている。2015年は、トヨタ自動車の「Toyota Safety Sense」、本田技研工業の「HONDA SENSING」など国内自動車メーカーによるADAS搭載も進展し、国内におけるADASの普及も進むという。

車載用センサーの世界市場規模予測(単位:億円)
2014年 2015年予測 2020年予測 年平均成長率(%)
パワートレイン 9129 9163 10082 1.7%
シャーシ/セイフティ 6714 6835 7648 2.2%
ボディ 3625 3671 4078 2.0%
ADAS 2973 4062 9094 20.5%
HV/EV 102 140 585 33.8%
合計 22543 23871 31487 5.7%
前年比 126.8% 105.9% - -
出典:矢野経済研究所

 同調査は、矢野経済研究所が2015年4〜7月にかけて実施。調査対象はカーエレクトロニクスメーカー、半導体メーカー、電子部品メーカーなどである。調査方法は、同社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによるヒアリングや文献調査の併用としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.