まとめ
» 2015年09月02日 19時00分 UPDATE

電子ブックレット:SRAM同様、自由に配置できる混載フラッシュ

EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、不揮発メモリIPを手掛ける国内ベンチャー企業が開発した、LSIのどこにでも配置できる新たな混載フラッシュメモリ技術を紹介します。

[EE Times Japan]

「EE Times Japan 電子ブックレット」一覧

エンジニア電子ブックレット

SRAM同様、自由に配置できる混載フラッシュ

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、国内ベンチャー企業が開発した、LSIのどこにでも配置できる新たな混載フラッシュメモリ技術を紹介します。

 なお、PDFではなく、Webで閲覧する場合は、こちらをクリックしてください。

SRAM同様、自由に配置できる混載フラッシュ

アイコン

不揮発メモリIPを手掛ける国内ベンチャー企業が、LSIのどこにでも配置できる新たな混載フラッシュメモリ技術を開発した。通常のCMOSプロセスに3〜4枚のマスクを追加するだけで実現できるといい、2016年中の量産対応を目指す。


↓ログイン(会員登録)後、ダウンロードリンクが表示されます↓

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.