ニュース
» 2015年09月03日 11時30分 UPDATE

中国メーカーに6000万ドルを投資:Intelの次なる狙いはドローン市場

Intelは、ドローン市場に狙いを定めたようだ。中国のドローンメーカーに6000万米ドルの投資を行うなど、早速動き始めている。

[Dylan McGrath,EE Times]

 Intelは2015年8月27日(米国時間)、中国のドローンメーカーであるYuneecに6000万米ドル以上を投資したと発表した。Intelや同社と協業するチップメーカーが、商用ドローンという新興の領域に可能性を見いだしていることが分かる。

 IntelのCEOであるBrian Krzanich氏は、今回の投資について発表したビデオの中で、「われわれは、業界に革命を起こすであろうドローンを当社のロードマップに組み入れた」と語った。

 ドローンは瞬く間に、高価な玩具ではなく商用向けの魅力的な技術としてみなされるようになった。用途の例として、農業、建築、商品の配達などが挙げられる。

 ABI Researchが2015年1月に発表したリポートによると、小型無人機市場は2018年に84億米ドル以上の規模に達するという。同リポートは、商用ドローンの収益が2014年から2019年にかけて51%の年平均成長率(CAGR)で増加すると予測している。また、商用ドローン市場の規模は、愛好家向けドローン市場の約5倍、軍・行政用ドローン市場の2倍以上に拡大する見込みだという。

スマホ向け技術を応用可能

photo 画像はイメージです

 IntelやQualcommを含むチップメーカーも商用ドローンに注目しており、ドローンやドローン技術を手掛ける企業に投資している。ABI Researchのロボティクス分野でプラクティスディレクターを務めるDan Kara氏は、「チップベンダーや家電メーカーは、ドローン市場では、演算処理や画像処理など、主にスマートフォン向けに開発されてきた技術を適用できるとみている」と述べる。「チップベンダーにとっては、製品の応用分野がもう1つ増えたことになる」(同氏)。

 Krzanich氏によると、IntelはYuneecへの投資がドローン業界を大きく変えると確信しているという。さらに同氏は、Intelが「商品を配達したり、被災地の様子を確認したりといったように、ドローンは暮らしや社会をさまざまな点で変える可能性があると考えている」と述べた。

 IntelとYuneecは今後、製品開発で協力していく。Intelは、どのような技術をYuneecに提供するのか、その詳細については、現段階では明らかにしないと述べた。

 Intelの広報担当者は「当社の全体的な目標は、投資と、当社の技術によって付加価値を与えることの両方を通じて、ドローン市場の成長を後押しすることだ」と述べた。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

Intel | 投資 | ABI Research


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.