ニュース
» 2015年09月07日 12時00分 UPDATE

フルHDの125倍!!:2億5000万の超高画素CMOSセンサー ―― キヤノン

キヤノンは2015年9月7日、約2億5000万画素の28.8×19.2mmサイズCMOSイメージセンサーを開発したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 キヤノンは2015年9月7日、約2億5000万画素のAPS-Hサイズ(28.8×19.2mm)CMOSイメージセンサーを開発したと発表した。同社では、「35mmフルサイズ(24×36mm)以下において世界最高画素数」とする。

 APS-HサイズのCMOSイメージセンサーで実現した約2億5000万の画素数は、フルHD(1920×1080画素)の約125倍、4K(3840×2160画素)の約30倍に相当する。


約2億5000万画素CMOSセンサー 約2億5000万画素CMOSセンサー

 超高画素化により、任意の領域をトリミングし、大幅に拡大しても、解像感が損なわれない映像を得られる利点がある。キヤノンでは、約2億5000万画素CMOSイメージセンサーを、特殊監視/防犯機器への応用や超高精細計測機器、産業機器などへの応用を検討する方針。

新開発のCMOSセンサーを搭載した試作カメラ(EF35mm F1.4L USM装着時) 新開発のCMOSセンサーを搭載した試作カメラ(EF35mm F1.4L USM装着時)

5フレーム/秒対応信号処理技術も

 一般に、CMOSイメージセンサーを画素数を増やした場合、信号量が増加し、信号遅延やタイミングのわずかなズレが問題になる。開発したセンサーは、回路の微細化や信号処理技術の工夫を実施。5フレーム/秒のフレームレートを可能にする1秒間に12億5000万画素の信号読み出しを実現したという。

 さらにキヤノンは、「画素の微細化に対応した構造を採用することで、超多画素でありながら高感度、低ノイズを実現した」としている。

関連キーワード

画素数 | CMOS | APS-H


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.