ニュース
» 2015年09月09日 09時00分 UPDATE

GPUコアだけじゃない!:買収で進化したイマジネーションの戦略 (1/2)

イマジネーション・テクノロジーズは、単体のIPコア事業に加えて、複数のIPコアを組み合わせたIPプラットフォーム事業を強化する。また、独自のハードウェア仮想化技術に対応することで、複数の異種プロセッサを搭載したコンピュータシステムにおいて、高いセキュリティを担保する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

複数IPを組み合わせ

 イマジネーション・テクノロジーズは、単体のIPコア事業に加えて、複数のIPコアを組み合わせたIPプラットフォーム事業を強化する。また、独自のハードウェア仮想化技術をサポートすることにより、複数の異種プロセッサを搭載したコンピュータシステムにおいて、高いセキュリティの実現を可能とした。

 イマジネーション・テクノロジーズは、グラフィックプロセッサIP「PowerVR」やコミュニケーションプロセッサIP「Ensigma」技術で強みを持つ。それに加えて、CPUコアなどさまざまなIPコアの拡充や、開発環境などエコシステムの整備に注力することで、これらを組み合わせたSoCソリューションを提供するための体制を強化してきた。

 2015年9月7日に東京・品川で開催した技術セミナー「Imagination Summit 2015 Tokyo」では、日本のパートナーとのコミュニケーションに重点を置き、同社が提供する「IPソリューション」や、IoT(モノのインターネット)社会を実現するために、解決すべき課題の1つとなる「セキュリティ技術」などについて、最新技術や業界動向を紹介した。

積極的な買収

tm_150907imagination01.jpg マーケティング担当でエグゼクティブバイスプレジデントを務めるTony King-Smith氏

 同社はここ数年で多額の投資を行い4〜5社を買収した。マーケティング担当でエグゼクティブバイスプレジデントを務めるTony King-Smith氏は、「当時はIoTという言葉こそ用いられていなかったが、当社は7〜8年前からあらゆる機器がインターネットにつながる時代を予見していた。そこで、全ての機器を接続するためのソリューションを提供したいと考え、コミュニケーション技術に強みを持つ開発企業などを買収してきた」と話す。

 また、2013年2月に買収手続きを完了したMIPSも、IPコアを組み合わせたSoCソリューション事業を展開していくために不可欠と判断した1社だ。イマジネーション・テクノロジーズでは、早くから独自アーキテクチャの組み込み機器向けマイクロプロセッサ「META」を開発し提供していた。その開発力を強化するために、開発リソースも順次増強してきた。こうした中、MIPSアーキテクチャはメインストリームのCPUコアとして、既に市場や顧客から認知されていたことと、事業拡大に不可欠なエコシステムを既に確立していたことなどが、買収する決め手となった。

 King-Smith氏は、「CPUコアはSoCソリューションの中核となる技術であり、当社でも継続的に開発体制を増強してきた。MIPSの買収によりCPUの開発チームは人員が倍増した。マルチスレッド技術の開発力も格段に強化することができた。しかも、MIPSコアを加えたことで、完全なSoCソリューションの提供が可能となった」と、事業統合のメリットを強調した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.