ニュース
» 2015年09月15日 11時00分 UPDATE

Samsungのプロセスは使わない?:「iPhone 7」用プロセッサ、全てTSMCが製造か

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が発表されたばかりの時期だが、台湾のニュースサイトは、「iPhone 7(仮称)」向けプロセッサの製造をTSMCが全て請け負う予定だと報じた。

[Peter Clarke,EE Times]

 台湾のニュースサイト「Commercial Times(工商時報)」は2015年9月14日(現地時間)、「TSMCは、2016年に発表が予定されている『iPhone 7(仮称)』向けプロセッサを100%製造する予定」だと報じた(参考)。それによると、iPhone 7向けプロセッサ「A10(仮称)」は、TSMCの16nm FinFETで製造される予定だという。

 Commercial Timesは、情報源はAppleのサプライチェーン関連の匿名の人物だとしている。

 この情報が正しいならば、A10の製造委託先から、Samsung ElectronicsやGLOBALFOUNDRIESが外れたことになる。Samsungは、間もなく発売される「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に搭載されるプロセッサ「A9」の約半分を製造するといわれている。

 A10の量産は、2016年3月に開始されるという。Commercial Timesの報道によると、A10は、TSMC独自のFOWLP(Fan-out Wafer Level Package)技術である「InFO(Integrated Fan Out)」を採用するとしている。

photo TSMCは、InFO技術を適用したチップの製造を2016年から開始するとしていて、同技術に力を入れている 出典:TSMC
Apple/iPhone 情報 ↑↑↑>>>Apple/iPhone 情報はコチラから<<<↑↑↑

関連キーワード

iPhone | TSMC | iPhone 6s | iPhone 7 | Samsung


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.