ニュース
» 2015年09月25日 09時30分 UPDATE

CEATEC 2015 開催直前情報:アルプス電気はセンサーと通信技術でIoTを提案

アルプス電気は、2015年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」(シーテック ジャパン)に“IoT”を掲げて出展する。幅広い検知ニーズに応えるセンサーと通信モジュールを組み合わせ、実用場面を想定したIoT市場向けのアプリケーションを提案するという。

[EE Times Japan]

 2015年10月7〜10日の4日間、最先端ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2015(シーテック ジャパン/以下、CEATEC 2015)」が、千葉・幕張メッセで開催される。

 CEATEC 2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではCEATEC 2015の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。
>>4メディア合同「CEATEC JAPAN 2015特集」

 本稿では、さらなる軽薄短小をめざした各種デバイス開発に加え、ICを含めたソフトウェア/組み込み技術や独自開発材料を駆使した材料応用技術などにより、特徴あるセンシングデバイス開発を追求するアルプス電気の出展内容を紹介する。


IoTとの親和性が高いセンサーとコネクティビティ

 アルプス電気の展示テーマは、“IoT”を掲げている。幅広い検知ニーズに応えるセンサー群に通信技術を組み合わせ、実用場面を想定したアプリケーションとして提案するとしている。同社は、「センサーとコネクティビティは特にIoTとの親和性が高く、業界の関心も高いため、この機にビジネスチャンスを広げたい」と語る。

 このテーマの下、展示ブースでは、「HMI(Human Machine Interface)」「センサー」「コネクティビティ」「Green Device」のカテゴリーに分けて製品展示を行う。

センサーネットワークモジュール

 センサーでは、6軸(地磁気+加速度)、気圧、温湿度、照度の各種センサーと、Bluetooth Smartモジュール、そしてアンテナをワンパッケージ化した製品を展示。

 同製品は、消費電流を適切にコントロールするマイコンを搭載しながら「世界最小クラス」(同社)を実現。アクセサリへの埋め込みや設備のすき間スペースなど、場所を問わずに設置が可能である。電源は有線/ボタン電池いずれにも対応し、住環境のモニタリングや健康管理、インフラ設備の監視など、幅広い用途への応用が期待できるという。

ts150924_IoT01.jpgts150924_IoT02.jpg アルプス電気のセンサーネットワークモジュール (クリックで拡大)

 その他にも、感触の創出で仮想現実の可能性を広げるアクティブトリガーや、産業機器とロボット市場に向けたジャイロセンサーやフォースセンサーなどの展示を予定しているという。同社は、「今年は、ここ数年継続してきた次世代コックピットの展示をやめて、IoT市場向けの製品を拡充した。さまざまな企業との協業事例を通して、より実用性を高めたセンサーと通信モジュールの応用展開をご覧いただくことができる」と語る。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

会期 2015年10月7日(水)〜10日(土)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
アルプス電気 ブースNo.:6K111
CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.