レビュー
» 2015年09月25日 22時35分 UPDATE

iPhone 6sに続いてiFixitが公開:「iPhone 6s Plus」を分解 (1/2)

モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが「iPhone 6s Plus」の分解の様子を公開した。今回も、搭載デバイスを中心に中身をみていこう。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 Appleの新型スマートフォン「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が2015年9月25日に発売された。モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitがiPhone 6s*)に続いて、iPhone 6s Plusの分解を実施しその様子を公開した。その中から、搭載デバイスを中心に紹介する。

*)iPhone 6sの分解の様子はこちら

電池容量は2750mh

 まずは、バッテリーだ。

tt150925Plus001.jpg 分解の様子。バッテリーには「10.45Wh」と刻まれている (クリックで拡大) 出典:iFixit

 搭載バッテリーのエネルギー容量は、10.45Wh(2750mAh×3.80V)だ。前モデルの「iPhone 6 Plus」のバッテリーは、11.1Wh(2915mAh×3.82V)であり、iPhone 6s同様、若干ながら容量が小さくなっている。

メインボード

tt150925Plus002.jpg メインボード(表面) (クリックで拡大) 出典:iFixit

 メインボードの表面に実装されている主なデバイスは次の通り。

  • 赤色:Appleのプロセッサ「A9」(APL1022)。SK Hynixの容量2GバイトのLPDDR4 RAM(H9HKNNNBTUMUMR-NLH)を同梱。
  • オレンジ色:QualcommのLTEモデム「MDM9635M」
  • 黄色:TriQuintのパワーアンプモジュール「TQF6405」
  • 緑色:Skyworksのパワーアンプモジュール「SKY77812」
  • 水色:Avago Technologiesのパワーアンプモジュール「ACPM-8030」
  • 青色:QualcommのエンベロープトラッキングIC「QFE1000」

 基本的には、iPhone 6sとほぼ同じ部品構成になっている。先にiFixitが公開したiPhone 6sのA9プロセッサは、Samsung ElectronicsのRAMを搭載していたが、今回はSK Hynixだった。ただ容量は2Gバイトで共通だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.