ニュース
» 2015年09月28日 10時30分 UPDATE

分散型電源システムの互換性を保証:6〜18Aの「picoAMP」規格、AMPグループが発表

村田製作所、CUI及びEricson Power Modulesの電源メーカー3社が立ち上げたArchitects of Modem Power(AMP)コンソーシアムは、定格電流が比較的小さい非絶縁型デジタルPOL(Point of Load)規格「picoAMP」を新たに発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 村田製作所、CUI及びEricson Power Modulesの電源メーカー3社が立ち上げたArchitects of Modem Power(AMP)コンソーシアムは2015年9月、非絶縁型デジタルPOL(Point of Load)規格「picoAMP」を新たに発表した。2015年後半にも定格電流が6〜18AのpicoAMP製品がAMPグループのメンバー企業より発表される予定だ。

 AMPコンソーシアムは、分散型電源システム開発において、共通の機械的仕様、電気的仕様を標準規格として策定し、制御コマンドの共通化などを図ることでプラグアンドプレイの相互運用性を実現していくことを目的としている。

tt150928001AMP001.jpg AMPコンソーシアムのロゴ

 AMPコンソーシアムではこれまで、絶縁デジタルPOL DC-DCコンバータ用の「teraAMP」を始め、「microAMP」や「megaAMP」を策定してきた。今回のpicoAMPもこれらの標準規格をベースに策定された。picoAMPは、電力がより小さい用途に向けた規格で、まずは定格電流の範囲が6〜18AのPOL向け電源製品を供給していく。picoAMP対応製品は外形寸法が12.2×12.2mmで、LGA(ランドグリッドアレイ)形式となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.